運任せだったネットビジネス

こんにちはノムラです。

グーグルアドセンス広告を貼ってはいけない

アフィリエイトの教材でこんなことが書かれていたら驚きますか?

今すぐにグーグルアドセンス広告を消そうと思った方は、あせらずに記事を最後まで読んでから消すかどうか判断してください。

僕も最初はアドセンスを貼らなかったらどうやって稼ぐんだ?
と疑問に思いました。

グーグルアドセンスは、グーグルの広告を訪問者がクリックするだけで、
自分にクリック報酬が入るというものです。

訪問者が多いサイトは、グーグルアドセンスを貼っておけば、知らない間にクリック報酬がかなりの額になっていることもあるそうです。

その、自動で稼げるグーグルアドセンスを自分のブログに貼ってはいけないと書かれているのですから、驚きました。

けれど今ならわかります。

グーグルアドセンスを貼ってはいけない理由が。
“運任せだったネットビジネス” の続きを読む

資格勉強が必要のない理由~辞書人間になってはいけない~

※この記事は資格勉強中の方を不快にさせてしまう恐れがあります。

僕は現在お菓子屋で経理、販売、受付の仕事をしています。

お菓子屋さんに入ったからせっかくだからお菓子の資格を取ろう。
そう考えて、スイーツの資格を4ヶ月ほどかけて取りました。

通信講座代が40000円くらいしたとおもうのですが、
今になって思うとなぜいつ使うのかも分からない資格を取ってしまったのだろうか?
と不思議に思っています。

確かに、資格はお客さんに対しての説得力や信頼につながるかもしれませんが
しかし、資格はあくまでも会社に入るための切符にすぎないと思います。

自分の資格を公表するのって、履歴書に書くときくらいですよね?

実は自分がスイーツの資格を取っていることは会社の人には言っていません。
取った後に気が付いたのですが、自分から言うのって自慢するようで恥ずかしいですよね…

現在もお菓子屋で働いていますが、
正直に言うと、基礎だらけの資格の教材よりも、
数千円で買った、お菓子に関する科学の本の方が
よっぽど役にたっています。

それに、スイーツの資格を取ったところで、
自社のお菓子のことについて詳しくなるわけではありません。
むしろ、お客さんに紹介するのは自社のお菓子についての内容なのですから、
製造部に直接聞いた方が速いし、無料です。

今はネットのウィキペディアで簡単にお菓子のことを調べることができますし、
お菓子の資格を持っている人よりも詳しく書かれています。

このように、
資格勉強は実践的ではないのです。
資格を管理する団体が定めた範囲の勉強をするだけですので、
決められた紙の上を隙間なく何度も絵の具で塗り重ねていくようなものです。

一方で、資格という枠組がない勉強、
つまり、自分にとって必要な部分だけの勉強
紙の上に必要な文字だけを書くようなものです。

本当に自分の成長と時間を大切に考えると、
役に立つかわからない部分まで覚えるよりも、
必要なときに本を開いて勉強することをお勧めします。

それに、資格はたくさん存在しますが、
中にはお金を払えば簡単に取得できてしまうものもありますよね。

気が付いたら、僕のように資格を取ることが趣味になっているかもしれません。
僕たちに必要なのは、稼ぐために必要なスキルであって、
会社に入るための資格ではありませんよね。

辞書になる必要はない

辞書について考えてみてください。
辞書の内容すべてを覚えている人なんていないはずですよね?

自分の頭の代わりに紙のかたまりが覚えていてくれるのです。
だから必要なときに開けばよい。

こんなお話があります。

外国のテレビ番組で、辞書の内容すべてを記憶したAさんが出演していました。
辞書の内容を一語一句、間違えることなく答えるAさん。

そこで司会者の方が、別で出演していた社長さんに、
次のように質問したそうです。

この辞書の内容すべてを記憶したAさんをいくらで雇いますか?

司会者はどれだけ高額な金額が出てくるのか期待していたようですが、
その社長は他の社員と何ら変わりない金額を提示したようです。

毎月Aさんにお金を払って、辞書の内容を教えてもらうなら
紙の辞書を買った方がいいに決まっていますと答えました。

その通りなんですよね。

ネットビジネスでは、特に効率が求められます。
HTMLやCSSを覚えるくらいなら、作成ツールを使う
イラストが必要であれば、イラストレーターに依頼する

自分が辞書になるのではなく、辞書を使う側に立つべきであることを
常に心掛けておきましょう。

辞書の内容ではなく、辞書の上手な使い方を覚える
もっと実践的なことを学びましょう。

今回はアフィリエイトというワードを全く使いませんでしたが、
アフィリエイトをする上で、間違った方向へ進まないように気を付けてください
ということを伝えたかったのです。

 

浪費?投資?人生を変えるお金の使い方とは?

お金の正しい使い方は?
と聞かれるとあなたは何と答えますか?

シンプルに答えるとすると、
「投資」
ですよね?

ですが、投資とは何にお金を使うことなんでしょうか?

どうやら今まで僕は間違った使い方をしていたようです。

僕は手帳を集めることが趣味だったのですが、
新しいサイズの手帳を買うたびに、
それに合わせた、本革のカバーも買っていました。

これが、また結構な値段がしてまして、
一枚1万円以上のものばかり。

他にも本革の鞄などもたくさん集めていて、
毎月、50000円ほどは買い物に使っていました。

買った瞬間は、すごく気持ちが良いんですけど、
その気持ちのよさは、1日しか持ちません。

次の日になると、
「なんでこれを買ったんだろうか?似たようなものはあるし、
もう少しお金を貯めれば、もっと良いものが買えたはず…」
そのように毎回後悔していました。

しかしそんな日々がある日ピタリと止まりました。

僕はアフィリエイトで今度こそ稼ぎたいと思って、
10000円ほどの情報商材を購入しましたのです。

そこには、本屋さんで手に入れれらる情報とは比べられないほどの
レベルの高い内容が書かれていました。

今まで数千円の本を読んで賢くなったつもりの自分のことが恥ずかしくなって、
もっとレベルの高い情報商材を手に入れたいと思うようになりました。

いろんな本の著書者が言っていた
「自己投資にお金をかけなさい」というのは、
こういうことだったのか…と気づかされました。

さらに僕が気が付いたのは、
情報商材もカバンを買うときと同じく満足感が得られる、
つまり物欲が満たされるのです。

買った後も後悔がやってくることはなく、
買ってよかったという気持ちが続きます。

情報商材の中にも役に立たたないハズレもあるということで、
それが宝くじみたいで、ワクワクします。

僕はカバンが欲しかったのではなく、
ただ無駄に貯めるだけのお金をとにかく
使いたかっただけなのかもしれません。

あなたはどうですか?

働いて、毎月少しずつたまっていくお金…
これはいったい何のために貯めているのでしょうか?

毎月決まった金額が貯まっていくので
電卓を使えば、

5年後は〇万円
10年後は〇万円



とか簡単に未来が計算できてしまいますよね。

僕はとにかく、そんな電卓で計算できる未来から抜け出したいと思いました。

「お金は使わないと人生が変わらない」

そういった名言を耳にして、

お金をとにかく使おう
貯金はなるべく少なくしよう
と考えるようになっていました。

それが、いつの間にか高い物をたくさん買う
という行動になってしまっていました。

けれども、そんなことをしても未来は当然変わりません。
人生を変えるためのお金の使い方は投資です。

僕が今までやっていたのは、浪費だったのです。

 

浪費から投資にお金の使い方を変えた瞬間、
今までとは比べ物にならないほどの満足感を手に入れました。

あなたもこの気持ちがわかりますか?

どうせ今まで50000円も浪費してきたのだから
投資に50000円使ったところで痛くはないのです。

それに、カバンは同時にいくつも使うことはできません

仮に5万円のカバンを10個持っていたところで、
1つの50万円分のカバンに変わることはありませんよね?

5万円のカバンはいくつ持っていても、
5万円のカバンのままです。

しかし、情報や知識は増えれば増えるほど自分の成長につながります
5万円分の情報を10個手に入れれば、
自分自身に50万円分の情報として蓄積されていきます。

この価値が自分に蓄積されていくのが情報商材の魅力なんです。

仮にハズレの情報商材を買ってしまったとしても、
それが1万円であれば、1万円分の失敗を
それが5万円であれば、5万円分の失敗を
経験として手に入れることができたと思えば、
後悔することはありません。

実際、僕が情報商材を買うときは「ハズレでも良い」
と思いながら買うようにしています。

とある人の教えなのですが、お金を使うときは
「行ってらっしゃい。仲間を連れてまた帰っておいで。」
と思いながら使うことで本当に仲間をたくさん増やして帰ってくるのだそうです。

だから、仮にハズレの情報商材を買ってしまったとしても、
それは失敗という経験に変わり、後からそれ以上のお金を引き連れて
帰ってきてくれるのかもしれませんね…

ここまで読んでくださりありがとうございました。