ついに分かった!やりたいことの見つけ方

もうこれで分からんかったら諦めるしかない

これは「やりたいこと」を見つける最終兵器だと思います。
今回見つけた本があれば今度こそやりたいことが見つかるはずです!
あなたも一緒に見つけていきましょう。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

新品価格
¥1,386から
(2021/3/19 21:27時点)

やりたことが見つかった?本当に?

この「やりたいこと」の見つけ方という本ですが、以前、僕が別の方から3万円ほどで購入した天職を見つけるプログラムと類似点もいくつかありました。

世界一というのは間違っていないと思います。
僕が3万円で購入したプログラムよりも、めっちゃくちゃわかりやすいです。

よくあるのは、最後まで読んだけど、やっぱりやりたいことが見つからなかったから、とりあえず役に立ちそうなことを勉強するか・・・という状態になることです。

しかしこの本は、細かく書かれていて、動詞ではなく動作単位で書かれています。
読み終えたころには必ず・・・見つかるかもしれません。

以前の記事で「何を勉強していいのかわからないのであれば、見つかるまではとりあえず役に立つことを勉強しましょう」と書きましたが、お待たせしました。

これで、見つかるはずです。

やりたいことを見つけるときの勘違い

・それは一生続けられそうですか?

・一目見て「これが天職だ!ピーン」と感じましたか?

・誰かのためになりますか?

・とにかくやりたいことが見つかるまでいろいろ試そう

・やりたいことを仕事として考える

こういう考えはすべて間違えなんです!

・一生続けられるかどうかなんて先のことまで考えているから見つからないんです。だから今一番やりたいことをやればいい。
・天職は一目ぼれではなくて、出会ったときはちょっと気になるかも?くらいで、そこから少しずつ好きになっていくものです。
・誰かのためになるかどうかという考えは、本当に自分がやりたいことを見つける障害になります。
・まず、自分のことよく知らないと、たとえ1000回いろいろな仕事についても見つかりません。
・仕事になるかどうか考えるから、本当にやりたいことが見つからないんです。あなたのやりたいことは世の中にすでにある存在する仕事とは限りません。

まずは、今まで培ってきた自分の考えやこだわりを捨てないと始まりません。

自問自答で自己を理解する

超質問攻め→だから深く自分を知れる

この本で自分のことを理解して、本当にやりたいことを見つけることができるという根拠ですが、とにかく自問自答が多く、「そんな質問もっと早く誰かにしてほしかった」と思うほどに、適格な質問だらけです。一つ一つの質問が心にクリティカルヒットです。

次の質問は好きなことを見つけるための質問の一例です

Q1.今お金を払ってでも勉強・体験したいことは何ですか?

Q2.本棚にはどんなジャンルの本が眠っていますか?

Q3.もしお金の心配がなくどんなことでも仕事にできるとしたら何を仕事にしてみたいですか?

などなど、「それもっと早くいってよ~」と思わず言いたくなるような質問が目白押しです。

上記3つの質問だけでもかなりのヒントになると思います。

本当に好きなこととは?

今お金を払ってでも勉強したい・体験したいことと聞かれると、株とか起業のノウハウとか思いつく方もいるかもしれませんが、残念ながらそれはNGです。

なぜなら「ある目的や利益につながるから」という理由でやりたいと思うことは、好きなことではない可能性が高いからです。
確かに、元が取れる内容であれば、お金を払ってでも学びたい内容ではありますが、利益のためであって、それ自体が好きではないからです。

皆さん映画館に行くことはありますか?
テレビで放送されるか、TSUTAYAでDVDをレンタルする方法があるにもかかわらず、あえて映画館へ行くというのはお金を払ってでも見たいからですよね。
このように映画館へ行ってお金を払ってでも見たいというのであれば、間違いなく好きなことに当てはまると思います。

わざわざ遠くからお金をかけて旅行するのだって、利益や目的ではなく楽しいからですよね?

めちゃくちゃ好きなアイドルであれば、コンサートや握手会にわざわざ足を運びますよね?

株をやりながら四季報を読んで様々な企業の分析をするのが好きというのであれば、それはそれで好きなことに当てはまるかもしれません。

要するに、そのジャンルに触れているだけで楽しいと感じることができるかどうかが「本当に好きなこと」の条件なのです。
「本当に好きなこと」であれば、それの勉強をしているだけでも楽しいはずなのです。

目的のためにいやいや勉強するのではなく、気になって仕方がなくて、気が付いたら検索して調べている。というのが理想ですよね。

好きなことを仕事にするというのが最強の理由

この気が付いたら調べているというのが好きなことを仕事にする強みの一つです。

好きでも何でもない仕事であれば、必要最低限のことしか調べませんが、好きなことであれば、時間の許す限り調べようとします。

それに、調べている時も楽しいから苦にならないのです。

だからどんどん成長していきますよね。

単純に「好きなこと」をやるだけでは当然お金にならないのですが、
この本ではお金になるかどうかは別の話で、先ずは「好きなこと」が何かを見つけることを目的としています。

「やりたい仕事は何か?」を分解して考える

3つの要素で分解して考える

この本の中でも一番、他と違うのは、しっかりと要素を分解しているところです。

やりたい仕事は何か?と聞かれて、「好きなこと」を考えるかもしれませんが、いきなり好きなことを仕事に結びつけようとするから躓いてしまうのです。

この本では、やりたい仕事を3つの要素で分解しています。

1.価値観

2.得意なこと

3.好きなこと

この3つが組み合わさって「やりたい仕事」が見つかるのです。

好きなことは先ほど言った通り、利益や目的に関係なく、触れているだけで楽しいと思えることです。

得意なことは、スキルや知識ではなく、もともと得意と感じる「動作・思考・感情の変化」です。
・一人でいることが苦にならない
・常に周りを把握して仕事ができる
・いつでも冷静でいられる
など、何か専門的な分野やジャンルではなく、どんな分野・業種でも活用できる才能のことを指します。長所とも呼べる部分です。
自分では当たり前すぎて気が付いていないこともあるので、この本の質問に答えていけば自然と見つかるはずです。

一番重要なのが「価値観」です。
この価値観が仕事の指針を決めるからです。
好きなこと、得意なことが分かっても、何のために仕事をするのかがはっきりとしていなければ、本当にやりたい仕事なのかどうかがわかりません。

上記の3つの要素を見つけつためのメソッドがこの本には書かれていますので、順番に読み進めていけば、確実にあなたがやりたい仕事にできづけるはずです。


好きなことが見つかる

得意なことが見つかる

「好きなこと」を「得意なこと」と組み合わせて「やりたいこと」を見つける

「やりたいこと」に「価値観」を組み合わせることで、目的が見つかる

人のためになり、自分のためにもなる仕事ができる

あえて重要な内容はこの記事には載せていませんので、本当にやりたいことを探している方はぜひこの本を最初から最後まで目を通してほしいと思います。

教養はただ知識を増やせばいいってもんではないらしい

せっかく読み始めたのに…

最近は、「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365」という本をずっと読んでおりました。
365種類を1日1つ身に着けようという本でございますが、なんだかとっても満足感が得られる本なのです。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

しかし、そんな矢先ふとネットサーフィンで目にしたのはこちらの本
「東大教授が教える独学勉強法」という本。

東大教授が教える独学勉強法

パラパラと内容を確認しておりましたら、教養=知識量ではないと書かれておりました。
「教養365」はまさしく「教養=知識量」というような構成で、

歴史・文学・視覚芸術・科学・音楽・宗教・哲学の7種類のカテゴリーを曜日別で勉強するという知識量を底上げする本でございます。

東大教授の話では、知識を浅く広くよりも、一つの専門分野を深く身に着けることで、それが土台となって、考える力や応用力が身につくということでした。
言われてみれば、ゲームだって、たくさんのゲームを1周だけやるよりも、一つのゲームを何周もやりこむ方が、新しい発見や1周だけでは気づけないことに気づいたりできますよね。

100%無駄というわけではありませんが、すでに50の教養を身に着けた、わたくしにとっては少し痛手ですね。
いつの間にか、何のために勉強をするのか見失っていた気がします。

アントニオ・ヴィヴァルディ、バッハ、カール大帝、超新星、侵害受容、モーセ、マグナカルテ、、などなど知っているだけでなんだか賢くなった気分に浸っておりました。

危うく合コンとかで「ローマ帝国の広がり」について熱弁してしまうところでした。歴女がいない限り絶望的な展開になるところでした。

何を勉強すればいい?どう勉強すればいい?

目的がないといけませんなぁ・・・

何を勉強すればいいのか?
これは一朝一夕で、すぐに見つけるのは難しいでしょう。
学生の頃は目的がなくても、勉強すべきことがたくさんありましたが、大人になった今となっては、自由に選択することができます。

逆に言えば、自分で決めないといけません。
今回の僕のように「とりあえず、教養を身に付けたらかっこ良さそう」という理由ではだめのようです。

・今の仕事に多少役に立つ内容
・将来の目標を達成するための内容

少なくともこのどちらかの条件は満たしている必要があります。
そう言われても、そんな簡単に目標なんて決められませんから、もしやりたいことがわからないけど、何か勉強がしたいのであれば、「今の仕事のスキルアップができる内容」をお勧めします。

適当に選んで勉強することに比べれば、仕事でスキルアップして給料が上がる方が全然マシですよね。

その将来の夢で本当に大丈夫ですか?

将来の夢が決まっているのであれば、当然それに向けた勉強をすればいいだけですが、将来の夢がわからないのであれば、まずは自分がやりたいことを見つける方法を勉強しましょう。


ネットでやりたいことを探す方法を検索するのは簡単ですが、そこまで深く語られずに結局あいまいな感じで終わっているサイトが多いため、できれば本で勉強するほうが良いと思います。

よくある失敗が、「あれ?なんか違う」と後から気が付いてしまうというパターンです。
これについては、別の記事で書くつもりですが、やりたい仕事に就いたが、やりたくない業務も仕事の中に含まれている場合があります。

やりたいことを探すよりも、やりたくないことを探して除外していくことで、本当にやりたいことを見つけるヒントになることもあります。

仕事が人生のほとんどを左右する

  • 目次
  • 1.仕事を選ぶということは人生を決めてしまうということ
  • 2.なぜ好きなことが見つけられないのか
  • 3.好きなことをやり続けた先に、、、
“仕事が人生のほとんどを左右する” の続きを読む

成功のCAHNCEは読書から得られる

来世の自分に読ませたい起業本。

今回はこちらの本。

「CHANCE」です。

CHANCE チャンス

犬飼ターボさんの書籍です。

犬飼ターボという著者の名前に目が行きますが、
名前の由来は犬を飼っていて、車が好き?だからというのは置いておきましょう。

まずどんな内容だろうか?と
考えてみてください。

読書を最大限に効率よくするためにやるべきことは
読む前からどんなことが学べそうかを予測することです。

これだけで、理解力が段違いです。

細かい起業本の読み方は別記事にしっかりとまとめるので、
安心してください来世の僕。

今回はタイトルがCHANCEなので
成功するチャンスをつかみ取るための方法が書かれているんだろうな
と思いながら読んでみてください。

 

個人的には「斎藤一人の道は開ける」に並んで、
この本もかなり起業マインドが磨かれる本でした。

改めてストーリー形式の起業本は面白いです。
本当に自分が本の主人公になった気分で読み進めていくことで、
自分の体験のように錯覚してきます。

主人公が一人の成功者に出会って、
成功へのステップを一歩ずつ上がっていく。
作り話ではありますが、実際に起業して成功したターボさんが
成功のためのステップを盛り込んでいます。
(ターボさん自身の成功秘話も面白いですが、
本のあとがきに書かれているので余裕があれば読んでみてください)

起業で成功するために大切なステップを順にストーリー形式で学べるので
一度読んだだけでも、心と頭にしっかりと残ります。

一回しか読まないとしても、かなりレベルアップは出来るでしょう。
そう思っていても、何度も読んでしまいます。

オーディオブックでも販売されていましたので、
車の中でもずっと聞いています。

 

君はビジネスで成功したいのか?

それとも人生で成功したいのか?

成功者にこんな質問をされたら君はどう答えますか?

 

ただお金持ちになりたいから起業しようと考えたわけではなかったことに
気づかされました。

君は、単純にお金持ちになりたいからこのサイトにたどり着いたわけじゃないよね?
仕事の不満や、将来の不安なんかで、何とか今の自分を変えないといけないと思って”起業”という選択を考えているんだよね?

 

もしこの本がいまの君には必要ないと思うのなら
読む必要はないよ。

むしろ1ページも読まずに、この本は自分は読まなくていいと判断できたのであれば、その分だけ別の本を読む時間が増えたことになる。

 

お金の亡者にならないように、
人生の本当の成功をつかみ取るきっかけとなるように、
来世の僕がこの本を読んでくれることを期待するよ。

 

 

妥協という選択をしたら【絶対に後悔】する

「素晴らしい未来が待っているぞ!」

社会人になる前はそんなことを考えていた時期がありました。
でも心の中ではもう一人の自分が全く違うことを考えていました。

(心の声:俺は人と話すのが苦手だから、未来は非常に限られてしまっているんだろうなあ・・・)

“妥協という選択をしたら【絶対に後悔】する” の続きを読む

自由に失敗ができる世界で生きよう

 

最近僕の会社では経営状況が厳しいのか、どんな細かい人為的ミスによる損失も報告することになりました。

酷いときは、責任者と該当者は損失分を払わされるなんてこともありました。

たまに責任者の机の上に置いてある報告書を目にすることがあります。

<落下による商品のロス>
・商品を移動する際、誤って落下させてしまいました。
損失額500円・・・

正直笑いそうになりました。
毎日こんな小さな金額のロスを報告するために、A4用紙の報告書を作成しないといけないなんて。

以前はここまで厳しくはなかったのですが、これによって一人一人が損失を抑える意識が持てればいいのですが・・・

僕は逆効果だと思います。

なぜなら、ほんの少しのミスで給料から損失を天引きされるのであれば、誰も失敗しないように余計なことはしなくなりますよね?

それはつまり新しいことにチャレンジしようという意欲もなくなってしまいます。

もはや会社のみんなは余計なことはせずに、失敗は絶対にしないという状態です。
できるかもしれないことも、「できない」と言っておこうという状態です。

失敗すら許されない世界に僕はいます。

失敗を自由にできる世界に行くためにはどうすればいいでしょうか?
簡単なことです。

起業、独立こそ自由に失敗ができる世界だと思います。

僕は今まで、アフィリエイトでかなりの時間を使ってきましたが、成果が出ませんでした。
これは明らかな失敗ですよね?
会社であれば、始めた事業が3年たっても全く利益が出ていない状況です。
すでにクビになっているでしょう。

ですが、僕を責める人は誰もいません。
なんせアフィリエイトは僕一人で始めたわけですから。

現在もこのブログでアフィリエイトをしていますが、
記事の書き方を間違えたり、方向性を見失うことがあったり、
いろいろ失敗を繰り返してきていますが、やはり誰も責めてくる人はいません。

「損失を君の給料から天引きする」なんて言ってくる人もいません。
失敗し放題の世界なんです。チャレンジし放題の世界なんです。

以前も言いましたが、
失敗するということは、この方法ではうまくいかないことを知ることができたということです。

失敗すればするほど成功に近づくということになります。

失敗を怖がるのは、あくまでもイメージしているだけなんです。


失敗を怖がって、イメージしているだけでは、この方法でうまくいくのか、それともうまくいかないのかがわからないままなんです。

行動しないとイベント(成功OR失敗)が起こりません。
何かイベントが起こらないと反省や調整のしようがないんです。
反省や調整ができなければ、再挑戦もできません。

それでも失敗を恐れてなかなか行動できないと思います。
僕も最初はそうだったのですが、ある一つのことを知ってからは失敗をしても良いやと考えるようになりました。

「失敗も実績になる。」

以前だいぽんさんが配布された音声データで「実績がない人の対処法」というのを聞いて全くその通りだと思いました。

最初から実績がある人なんていないんですよね。

失敗や成功しなければ実績なんて出来上がらないし、
むしろ、失敗したことも実績になるんだと気づかせてくれました。

僕なら3年くらいアフィリエイトをやって成果が出なかった実績がありますし、
逆に、3年成果が出なかったアフィリエイトを挫折した2年後にもう一度アフィリエイトに再チャレンジしたという実績もあるんです。

資格コレクターになっていたという実績もあります。

成功や失敗しなければこんな話はできません。

「3年間アフィリエイトをやろうかどうか悩んでいた」というのはさすがに実績になりませんよね?

行動すれば必ず実績になりますが、行動しなかったということは実績にはならないはずです。

「仕事が楽しくないのは想像しているから」という記事でもお話ししましたが、
「未来を想像すること」と「未来を創造すること」は、発音だけだと同じにしか聞こえませんが、実際にその人の行動を見ると全く違います。

社長になるのが夢だといつも語っているだけの人と
社長になるための勉強をしている人とでは全然違いますよね?

あなたも自由に失敗ができる場所を会社とは別に作ってみてはいかがですか?
あなたが本当にやりたいことをすれば、失敗しても楽しい、成功すればもっと楽しいと思える世界になるはずです。

僕にとっての自由に失敗ができる場所は、アフィリエイトなんです。

PS.

そういえば、もう一つ失敗し放題の世界がありました。

ゲームの世界です。

どれだけモンスターに倒されて、ミッションを失敗しても、死んでしまっても、何度でも挑戦できますし、復活できます。

「このモンスターの体当たりはよけられないから盾でガードしよう」
「このアイテムがあれば楽にゲームを進められるなあ」

しかし、ゲームの世界での失敗は現実味がないんです。
だからこそ、現実で失敗や成功を繰り返す方が自分のためになりますよね?

幸せの目印にして良いものと悪いものがある

子供の時に我慢していたものが、社会人になってから欲求が一気にあふれ出すことはよくあると思います。

僕の会社の先輩も、子供のころに仮面ライダーのベルトが欲しかったけれど、
親に買ってもらえなかったので、20代の今になってめちゃくちゃ買っています。

それも、子供向けの仮面ライダーベルトではなく、大人用のプレミアムなものです。
何が大人用かというと、値段が明らかに大人しか買えないレベルの値段になっています。
1万円~3万円くらいだったと思います。

これの存在を子供が知ってしまったら、日本中のお父さんお母さんは涙をこぼすことになるでしょう。

仮面ライダーは1年に1回変わるから、毎年3万円ほど使っているんだなあと最初は思っていました。
しかし、どうやら「限定」という言葉が付くことで、毎年どころではなく、
毎月ベルトが販売されているようなんです。

何が違うのかはわかりません。

「まさかすべて買っているわけではないですよね?」

「いや、限定品だから今買わないと逃してしまうから、全部買っているよ」

子供のころいったいどれだけ仮面ライダーベルトが欲しかったのでしょうか?
限定という言葉の恐ろしさを改めて実感する出来事なのですが、今回注目したい部分はそこではありません。

“幸せの目印にして良いものと悪いものがある” の続きを読む

仕事を辞める理由はたくさんあるけど、仕事を続ける理由は一つしかない?

「会社を辞めさせてください。」

この言葉を言ったのはもう3年前くらいになります。

僕は工場の中でも結構重要な歯車の一つだったので、上の人間と何度も面接をさせられたのを思い出します。

ほとんどの人が口にすることが
「給料が少ないからか?」
「残業が多いからか?」
「嫌いな人がいるからか?」
「休日が少ないからか?」
というデメリットばかりを持ち出してきます。
もし不満があるならば、給料を上げてあげるよ、しばらく休暇をあげるよ、好きな部署を言ってみなさい、といろいろ言ってきます。

確かに、精神的にも肉体的にも辛いのは確かでした。
しかし、僕がやめる一番の理由はそんな待遇に関するものではありませんでした。

じゃあいったい何が不満で辞めたと思いますか?

“仕事を辞める理由はたくさんあるけど、仕事を続ける理由は一つしかない?” の続きを読む

稼ぐことから遠ざかる勉強をしていないか?

あなたが今している勉強は何のためでしょうか?

自己満足?

給料アップ?

独立?

稼ぐため?

実は勉強の目的によっては、稼ぐことから遠のいていく可能性があるんです。

僕は今だからこそ、資格勉強をしようなんて思わないですが、振り返ってみると本当に資格勉強に使った時間がもったいなかったと思います。

なぜかというと、自己満足が目的だったからです。

“稼ぐことから遠ざかる勉強をしていないか?” の続きを読む