高卒が個人ブランディングについて考える

こんにちは、ノムラです。

アフィリエイトの勉強をしていて欠かせないというのがあります。
多くの稼いでいるアフィリエイターが言っていますが、

個人ブランディング

つまり、自分自身に価値を持たせる?ということです。
見栄を張って嘘の学歴や資格をプロフィールに載せて、
自分を凄く見せる…というわけではありません。

簡単に言うと…

この人が紹介するものであれば何でも買うと思ってもらえるようにすることです。

つまりは自分のファンを作ることに力を入れるのです。

例えばあなたがお菓子好きだとして、お気に入りのお菓子屋さんがあるとしましょう。
毎回違うお菓子屋さんで買い物をしますか?

そりゃ、新しいお菓子屋さんができれば一度は行ってみるとは思います。
けれどやっぱり、お気に入りのお菓子屋さんばかりに足を運んでしまうと思います。

お気に入りのお菓子屋さんで新商品が出れば、おいしいかどうかではなく、
このお店のものだから買うという気持ちになるはずです。

僕も、文房具が大好きで特に高級なシステム手帳をよく買ってしまうのですが、
お気に入りのメーカーの新タイプが販売されるたびに買ってしまっています。

システム手帳なんて、一人1冊持っていればよいのにいくつも持っています。
このように役に立つかどうかではなく、○○だからという理由で買ってしまうのです。

遠回りになってしまいましたが、これがアフィリエイター個人であれば
どんな商品を紹介しても買ってもらえるのです。

わざわざ僕のサイトを経由して商品を購入してくれたりと
個人ブランディングの効果はもの凄いようです。

ですので、まずは個人ブランディングの形成が大事ということです。
なので、アフィリエイターの第一目標は

・記事をたくさん書いて共感してくれるファンを増やす

どこのアフィリエイターも似たようなことを言っています。
理屈は理解できますので、やっていきましょう。

ですが、大卒でもなく、専門的なスキルを持っていない人間はどうすればよいのでしょうか?
僕のようなただの高卒には個人ブランディングの時点ですでにつまづいてしまうのではないですか?

しかし、先で述べました通り、
自分がどれだけ凄いかを読者に伝えることが個人ブランディングではないのです。

自分しか書けない記事を書くことで、独自性を出すことが個人ブランディングなのだと
僕は解釈しています。

ですが、何度も言う通りただの高卒にはその「独自性」すらないのでは?
と思っていたのですが、人それぞれ自分しか持っていないものがあります。

それが「経験」です。

100人いようが、1億人いようが経験は皆それぞれ異なります。
この言葉を聞いたからこそ、
僕のようなただの高卒でもアフィエイリトを始める一歩が踏み出せました。

ここまでで僕が感じたことは
アフィリエイトは自分の今持っているもので稼ぐことができる
つまり個性を生かしたビジネスだと思います。

今から何か勉強をする必要はないのです。

テーマ選びもこれから勉強する内容ではなく、
今自分が持っているものをテーマにすることで、
個人ブランディングは形成できると思います。

今の僕であれば、
・ただの高卒
・集団で働くのが苦手
・お金儲けに興味がある
という内容だけで充分記事が書けるのです。

最近はというかかなり前からYoutubeでユーチューバーというのが話題になっていますが、
この人たちの中にも、個人ブランディングが出来ている人と、できていない人がいると思います。

出来ている人は、おそらくYoutubeが終了しても、
個人でサイトを立ち上げて、動画をアップすればファンは付いてくるでしょう。

しかし、できていない人はYoutubeが終了すれば収入がゼロになるかもしれません。
視聴者は動画投稿者ではなく動画の情報に興味があっただけなので、
別のサイトで動画をアップしてもファンはほとんどついてこないでしょう。

つまりアフィリエイターでも同じことが言えると思います。
商品の魅力だけを伝えて販売しても、個人ブランディングにはつながりません。

極端な話が、商品を使って自分を紹介するようなイメージでブログを書いてしまうのです。

偉そうなことを言っていますが、
僕はまだこれが2つ目の記事ですので、
個人ブランディング形成にはまだまだ時間がかかると思います。

地道に努力して頑張ります。
アフィリエイトは簡単にすぐに稼げると思われていますが、
本当にきちんと稼ぐためには、努力と時間が必要です。

人格形成に必要なのは忍耐と勤勉

もしアフィリエイトが自分にもできそうだと思った方は
頭の隅にでも留めておいて頂けますと幸いです。



自由な人生を手に入れる教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA