こんなタイトルにした理由

起業を目指して右往左往していたら、ノウハウ本にはまり抜け出せなくなってしまった。

読書で学んだこと、気づいたことを記事にしていこうと思い立ちました。

しかし、書評ブログなんて星の数はないにしろ、ほかにもたくさんあるので、差別化を図りたい。
そう考えた僕は、面白おかしく記事を書いたらほかの人には書けない記事が書けると考えて、「バグ笑!読書実況」というタイトルをつけました。

爆笑とバグ(狂っている)をかけたというのもありますが、
全然面白くないと言われたときに、
「いや、バグ笑というのは、普通とはずれた笑いという意味だから、面白くなくても許して」と反論できるようにという狙いもあります。

ただの書評ブログとは違い、余計な知識が中国人のごとく、横入りしてきますが、楽しんでいただけると嬉しいです。