自由に失敗ができる世界で生きよう

 

最近僕の会社では経営状況が厳しいのか、どんな細かい人為的ミスによる損失も報告することになりました。

酷いときは、責任者と該当者は損失分を払わされるなんてこともありました。

たまに責任者の机の上に置いてある報告書を目にすることがあります。

<落下による商品のロス>
・商品を移動する際、誤って落下させてしまいました。
損失額500円・・・

正直笑いそうになりました。
毎日こんな小さな金額のロスを報告するために、A4用紙の報告書を作成しないといけないなんて。

以前はここまで厳しくはなかったのですが、これによって一人一人が損失を抑える意識が持てればいいのですが・・・

僕は逆効果だと思います。

なぜなら、ほんの少しのミスで給料から損失を天引きされるのであれば、誰も失敗しないように余計なことはしなくなりますよね?

それはつまり新しいことにチャレンジしようという意欲もなくなってしまいます。

もはや会社のみんなは余計なことはせずに、失敗は絶対にしないという状態です。
できるかもしれないことも、「できない」と言っておこうという状態です。

失敗すら許されない世界に僕はいます。

失敗を自由にできる世界に行くためにはどうすればいいでしょうか?
簡単なことです。

起業、独立こそ自由に失敗ができる世界だと思います。

僕は今まで、アフィリエイトでかなりの時間を使ってきましたが、成果が出ませんでした。
これは明らかな失敗ですよね?
会社であれば、始めた事業が3年たっても全く利益が出ていない状況です。
すでにクビになっているでしょう。

ですが、僕を責める人は誰もいません。
なんせアフィリエイトは僕一人で始めたわけですから。

現在もこのブログでアフィリエイトをしていますが、
記事の書き方を間違えたり、方向性を見失うことがあったり、
いろいろ失敗を繰り返してきていますが、やはり誰も責めてくる人はいません。

「損失を君の給料から天引きする」なんて言ってくる人もいません。
失敗し放題の世界なんです。チャレンジし放題の世界なんです。

以前も言いましたが、
失敗するということは、この方法ではうまくいかないことを知ることができたということです。

失敗すればするほど成功に近づくということになります。

失敗を怖がるのは、あくまでもイメージしているだけなんです。


失敗を怖がって、イメージしているだけでは、この方法でうまくいくのか、それともうまくいかないのかがわからないままなんです。

行動しないとイベント(成功OR失敗)が起こりません。
何かイベントが起こらないと反省や調整のしようがないんです。
反省や調整ができなければ、再挑戦もできません。

それでも失敗を恐れてなかなか行動できないと思います。
僕も最初はそうだったのですが、ある一つのことを知ってからは失敗をしても良いやと考えるようになりました。

「失敗も実績になる。」

以前だいぽんさんが配布された音声データで「実績がない人の対処法」というのを聞いて全くその通りだと思いました。

最初から実績がある人なんていないんですよね。

失敗や成功しなければ実績なんて出来上がらないし、
むしろ、失敗したことも実績になるんだと気づかせてくれました。

僕なら3年くらいアフィリエイトをやって成果が出なかった実績がありますし、
逆に、3年成果が出なかったアフィリエイトを挫折した2年後にもう一度アフィリエイトに再チャレンジしたという実績もあるんです。

資格コレクターになっていたという実績もあります。

成功や失敗しなければこんな話はできません。

「3年間アフィリエイトをやろうかどうか悩んでいた」というのはさすがに実績になりませんよね?

行動すれば必ず実績になりますが、行動しなかったということは実績にはならないはずです。

「仕事が楽しくないのは想像しているから」という記事でもお話ししましたが、
「未来を想像すること」と「未来を創造すること」は、発音だけだと同じにしか聞こえませんが、実際にその人の行動を見ると全く違います。

社長になるのが夢だといつも語っているだけの人と
社長になるための勉強をしている人とでは全然違いますよね?

あなたも自由に失敗ができる場所を会社とは別に作ってみてはいかがですか?
あなたが本当にやりたいことをすれば、失敗しても楽しい、成功すればもっと楽しいと思える世界になるはずです。

僕にとっての自由に失敗ができる場所は、アフィリエイトなんです。

PS.

そういえば、もう一つ失敗し放題の世界がありました。

ゲームの世界です。

どれだけモンスターに倒されて、ミッションを失敗しても、死んでしまっても、何度でも挑戦できますし、復活できます。

「このモンスターの体当たりはよけられないから盾でガードしよう」
「このアイテムがあれば楽にゲームを進められるなあ」

しかし、ゲームの世界での失敗は現実味がないんです。
だからこそ、現実で失敗や成功を繰り返す方が自分のためになりますよね?

知識がない人は成功を諦めるしかないのか?

どれだけ頑張っても大卒には勝てないと昔は考えていました。
(ここで言う大卒は、遊ぶために大学に通っていた人ではなく、しっかりと大学で勉強した人のことです)

知識量=成功者

これがずっと僕の頭の中にありました。
だから、無駄だとわかっていても、資格勉強をしたり、大学の勉強をして、少しでも成功者に近づこうとしていた時期がありました。

でも、仮に知識で大卒に勝ったところでどうした?てなりますよね?
社会人になってから数学や文学の勉強をしていったい何に使うのか?

あくまでも成功が目的なんだから、知識量以外で成功する手段はないのか?と考えるようになりました。

知識がなくても、大卒以上に成果を出せればいいんじゃないのか?

“知識がない人は成功を諦めるしかないのか?” の続きを読む

自己投資はブログアフィリエイトで100%活かせる

前回の記事を読んでくださった方で、この記事を見に来て下さったのであれば、自己投資に少し興味があるということでよろしいでしょうか?

前回の記事では、貯金は20代のうちからたくさんする必要はないという僕の考えをお伝えしました。

今貯金しなくても、将来にいくらでも取り返せるチャンスがあるからです。
でも、今貯金して、自己投資をしなかった時間は後から取り返せません

お金がたくさん手に入ってから、自己投資をしようとしても時間的に余裕がないかもしれないからです。

今自己投資した方がよいことはお分かりいただけたと思います。

では具体的にどんな自己投資をするべきなのかが気になるところだと思います。

“自己投資はブログアフィリエイトで100%活かせる” の続きを読む

20代だからこそ遊んでいる暇はない

 

僕はアフィリエイトを始めて休日が激変しました。

一日中ゲームをしていた休日が、一日中アフィリエイトの勉強をしている休日に変わったのです。

でもおかしいですよね?

自由になるためにアフィリエイトをしているのに、逆にアフィリエイトに縛り付けられて休日に出かけたり遊んだりできないなんて。

不自由だと思いますか?

でも、限られた休日の中で好きな場所へ行ったり、遊んだりすることも実は不自由なのかもしれません。

休日をどれだけ自由に使っても、本当の自由とは言えません。

“20代だからこそ遊んでいる暇はない” の続きを読む

【間違った投資】記事を書くために商品を買う必要はない

僕が以前アフィリエイトで長続きしなかった理由の一つが、お金がかかったからです。

え?アフィリエイトは初期費用がかからないから誰でも始められるんじゃないの?と思ったかもしれませんが、僕が言っているのは始めた後のことです。

ネタ探しや、ネタ作りにお金がかかっていたんです。

というかお金をかける必要がないにもかかわらず、無駄にお金をかけていました。

一体何をしたら記事を書くたびにお金がかかるのだと思いますか?

“【間違った投資】記事を書くために商品を買う必要はない” の続きを読む

ターゲットを○○にすると記事の書き方が劇的に変わる

こんにちは、ノムラです。

あなたはターゲットをしっかりと絞って記事が書けていますか?

もし絞れているとしても、本当にそのターゲットの気持ちになって記事が書けていますか?

ターゲットはしっかりと絞り込めているけども、
そのターゲットの気持ちになって書けていないということがあります。

結局は自分が稼ぐためのお客さんなので、

「このように考えていてくれればいいなあ」

「このように行動してくれればいいなあ」

と、いつの間にかターゲットに「こうして欲しい」という希望を抱いて記事を書いていませんか?
ターゲットの気持ちになって書くのを忘れて・・・

本当にターゲットの気持ちになって記事が書けるようになると次の効果が出てきます。

・どんなネタで記事を書いていくべきなのかがわかる

・どんな書き方をすればよいのかがわかる

・どんな集客方法を選べばよいのかがわかる

・どんな商品の売り方が良いのかがわかる

など、読み手買い手になりきれば簡単にわかります。

もし、あなたがターゲットの気持ちになりきれずにブログアフィリエイトをしているのであれば、それはターゲットがずれているのと同じなんです。

やっぱり自分はまだまだ実力が足りないから、ターゲットの気持ちになりきれないんだなあ、と思われたかもしれません。

けれど実は簡単にターゲットの気持ちになりきれる方法があります。

ある人物をターゲットにすることで手に取るように気持ちがわかるようになります。

「家族や恋人、友達などに書くつもりで書きましょう」などと、
どこかの教材で読んだことがあるようなことは言いませんので安心してください。

ターゲットにすべき人物というのが「自分」です。

自分自身であれば、気持ちになりきるどころか、何を考えているのか絶対に分かるはずですよね?

自分自身をターゲットにして書くことで、自分と似たような人も自然にターゲットに巻き込むことになります。

しかし、ただ「自分」をターゲットにして記事を書くだけでは、ダメなんです。

ではどのように記事を書けば良いのかと言いますと・・・

“ターゲットを○○にすると記事の書き方が劇的に変わる” の続きを読む

「過剰な努力は実を結ばない」ことを数式を使って証明

僕がいつもやらかしてしまう失敗があります

それは、何かに挑戦するときに最初からアクセル全開でぶっ飛ばしてしまうことです。

今まで、僕がチャレンジしてきたもので

資格勉強
英単語の勉強
レザークラフト
株式
アフィリエイト

などいろいろと挑戦してきましたが、
なぜか続かないんです。

いわゆる三日坊主です。

しかし、僕の場合は三日坊主とは何かが違う気がするんです。

僕なりに考えたのですが…

“「過剰な努力は実を結ばない」ことを数式を使って証明” の続きを読む

知らない間に言いまくっている不幸になる呪文

こんにちはノムラです。

僕はアフィリエイトで自由になると決めた時から気を付けていることがあります。

それは、会社への文句を言わないということです。

あれほど、会社で働くことは間違っていることだと記事に書いてきたのに、
今更何を言っているんだ?と思われるかもしれませんが…

会社の文句を言わないというのは、
会社に対する不満や悪口を口に出して発散してしまわないということです。

せっかく自由になる決心をしたのに、そのエネルギーを悪口として発散させてしまうと、アフィリエイトにエネルギーを使う前に、満足してしまいます。

他の人を見ていて気が付いたのですが、いっつも会社の文句ばかり言っているのです。
それをみんなで共有して、それで満足しているようなのです。

 

僕は会社の飲み会にはなるべく参加しないようにしています。
何でかというと、飲み会に参加すると話の内容は愚痴や悪口ばかりです。

それにもっと怖い真実も隠されています。
それはまた後で話します。

 

でもよく考えてください、文句を言うくらいならば
なぜこの人たちは原因を取り除こうとしないのでしょうか?
その会社を辞めないのでしょうか?

仕事が嫌だと思うのならば辞めればよいはずですよね?

借金があるから?
他に働ける会社がないから?
家族がいるから?
面倒だから?

いろいろ理由はあるかと思います。
でも、これらの理由はすべて会社が悪いのでしょうか?

よく考えてみると、すべて自分の都合ではないでしょうか?

借金があるから会社を辞めれないのは、自分の都合
スキルや資格がなくて働ける会社が限られているのは、自分の都合
家族がいるから辞めれないのも、自分の都合
面倒だというのも、自分の都合、これは当然ですが…

 

その会社を選んで働いているのは自分自身なんですから、
そこで何が起ころうと、すべては選択した自分に責任があるということになります。

何が言いたいのかというと、自分が今働いている会社に文句を言うということは、
その会社を選んでしまった自分自身に文句を言っているのと同じ
だということです。

つまり、会社に文句を言っている人は、自分に文句を言っていることになるのです。

おかしな話ですよね?

会社で嫌な思いをしているのは、その会社を選んだ自分自身の責任なのに、
自分の都合で会社を辞めることができないから、なぜか会社がすべて悪いということにしてしまっている。

でも、僕たちは違いますよね?
会社への悪口ではなく、自由を手に入れるためにアフィリエイトにエネルギーを使っています。
正しいことにエネルギーを使っていますよね?

今の会社で働く以外に選択肢がなかったという方もいると思います。
なら、そこからどうしますか?

選択肢は2つです。

・仕事仲間と仲良く会社へ文句を言い続けて、定年まで耐え続けるか?
・今の自分の現実を受け止めて、アフィリエイトで自力で稼ぐ力を身に着けるか?

苦しみに耐えるためにエネルギーを消耗していくのか?
それとも、自由になるためにエネルギーを蓄積していくのか?

今あなたが持っている不満のエネルギーはどちらに使うべきなのでしょうか?

一番怖いのは、「会社への悪口=自分への悪口」だということに気が付かないことです。

会社のことが嫌いになるほど、その会社を選んだ自分のことが嫌いになっていくのです。

また、記事の冒頭で会社の飲み会にはなるべく参加しないと言いましたが、
会社の悪口をみんなで言い合うということは、
その会社を選んだ全員をその場で否定するということになります。

「俺たちの会社は最低な会社だ!」
「そうだそうだ!」

言い換えてみましょう。

「この会社を選んだ俺たちは最低だ!」
「そうだそうだ!」

飲み会で毎回こんなことが行われていると思うと怖いですよね…

会社に対して悪口を言うことのデメリットが理解して頂けたと思います。
・会社への悪口は成功へのエネルギーを無駄遣いしている
・会社への悪口は知らない間に自分の悪口になっている

グチや悪口は不幸を呼ぶ呪文です。けっして口にしてはなりません
ジョセフ・マーフィー

 

 



「働く」とは「無抵抗で降伏する」ということ

こんにちはノムラです。

あなたは「働いたら負け」という言葉を知っていますか?

バブル崩壊後の労働条件の悪化によって、
働くことを廃棄して、新しい生活を見出すニートの考えです。

以前の僕はこの考えを否定していました。

は?働いたら負け?
何を言っているんだろうこの人たちは?

働かなかったらお金が手に入らないんだから生活できないじゃないか…
しっかりと学校の教育を受けてこなかったから、そんなおかしな事を言っているんだろうな…

このように僕は思っていました。

けれど、今では僕はアフィリエイトを始めて会社の真実を知ってしまったので、
「働いたら負け」という考えを支持します。

そもそも学校の教育、国の教育を受けなかったら、
ニートのように働くことが異常なことだと気が付けるはずなんです。

しかし、ほとんどの人が学校、国の教育を受けてしまっているので、
それに気づくことなく社会に出て、定年まで何の疑問を持たずに働いています。
中には働くことが好きだからと言って、定年を過ぎても働く人もいます。

それでも、一部の少ない人達は気が付くんです。
何で他人に自分の生活を預けないといけないのか?
何で他人に自分の時間を奪われないといけないのか?
何で他人に決められた場所に毎日通わないといけないのか?
何で他人に自分の価値を決められないといけないのか?

 

この記事を読んでくれている皆さんは
働くということがおかしなことだと気が付いていて、
自分の考えを大切にする方だと思います。

国や社会に考えることを丸投げせずに、常に考え続けてきたはずです。
だからアフィリエイトに何度も挑戦して、自由を目指しているはずです。

そんな皆さんに質問です。

「働いたら負け」とはいったい何に負けるんでしょうか?

 

勇者が魔王を倒しに行く。

ゲームではよくあるシナリオですよね?
魔王に支配された世界を勇者が取り戻す。

勇者からすると何で俺一人だけ?
もっとみんなで倒しに行ったらいいじゃん。
と思っているかもしれませんね。

何でこんな話をするのかというと、先ほどの「働いたら負け」という
考えにつながるからです。

 

魔王を社会や国と考えてください
絶対的な力を持つ存在です。

 

では勇者はどうでしょうか?

もちろん、自由を目指して頑張っている僕たちアフィリエイターですよね。

では働いている人はこのゲームの中のどれにあたると思いますか?

それは魔王に世界を支配されても戦おうとしない、
勇者以外のキャラクターです。

今現在働いている人の中にも、働くことがおかしいことだと気付いている人はいるはずです。
じゃあ何で働いているのか?

理由は簡単です。
自分の力ではどうしようもない、自分の力ではお金を稼ぐこともできないと思っている。
だから負けだとわかっていても、仕方なく働いているという方が多くいるのです。これは社会と戦わずに無抵抗で降伏している状態です。

社会に稼ぐ力を奪われてしまっているのです。

社会に負けているので、
ニートの「働いたら負け」という考えができたのだと思います。

働いて負けるくらいなら、働くことを放棄する、逃げるという正しい選択肢を選んだのです。

でも、逃げ方にも2種類あると思います。

一つ目は
社会に負けないために、逃げるという正しい選択をしたけれども、
ひたすら逃げるという選択を続けている

2つ目は
社会に負けないために、逃げるという正しい選択肢をして、
社会と戦うための手段を手に入れる

 

ゲームでは「逃げる」という選択肢が選べますが、
「逃げる」を選び続けるとどうなるでしょうか?

負けることはありませんが、勝つこともできないのでレベルアップもできません。
これでは何年ゲームをプレイしようが、最初の村から進むことは出来ません。

けれども「たたかう」という選択肢があれば、
レベルアップもできるし前に進むことができます。

この「たたかう」という選択肢こそ、アフィリエイトなのだと思います。
アフィリエイトは自分の価値を最大限に発揮して、自分の力で生きていくことができます。
つまり、自分の価値を武器にかえて戦えるのです。

 

 

これは以前から言っていることですよね?

 

僕たちアフィリエイターは
社会と「たたかう」という選択肢をすでに手に入れているんです。

僕は今は働きながらアフィリエイトをしていますが、
いずれ自由を手に入れます。

けれど、
「たたかう」という選択肢を手に入れたからには、
立ちはだかるモンスターを倒していかないといけませんよね?

ですが、社会、国、会社は魔王そのものなので、現実的には戦っても倒すことは困難ですしラスボスです。

では僕たちアフィリエイターにとってのモンスター、敵とは何でしょうか?

それはアフィリエイトを邪魔する人や、間違った情報を与える人、情報弱者を狙った詐欺師などではないでしょうか?
さらには、孤独な期間、売り上げが伸びないといった問題などなど。

こういったモンスター、敵を倒すことでレベルアップしていけます。

魔王である社会を倒すことは困難です。
けれど、負けないように戦い続けることはできます。

僕たちは社会を倒すのが目的ではなく、
自身の自由な生活を手に入れることが目的なはずです。

勝つ以前に「働いたら負け」これは正しい考え名のではないでしょうか?

社会と戦うために、正しい教材を手に入れて、レベルアップしていきましょう。

 

ノムラは最強の武器を手に入れた。

 

 


アフィリエイトランキング

アフィリエイトの教材は1つで充分な理由

前回、ブログの記事は100%良質な記事で構成されていないといけないと紹介しましたね。

アフィリエイトは個人で会社を経営するようなもので、
アフィリエイトにとっての社員は記事に置き換えることができます。

自分の手でブログの記事すべてを良質な記事にすることもできます。

つまり、自分の会社の社員をすべてレベルの高い社員に育てることができるんです。
普通の会社を経営する場合は、社員を100%管理することなんてできませんよね?

自分の記事(社員)を100%管理することができるのは、大きな魅力ですよね?
文句も言ってこないし、給料を払う必要もない…

けれど、それがデメリットにもなってしまいます。

何がデメリットになるんだと思いますか?

それは、記事が成長しないということです。

100%自分で記事を管理するということは、
記事を成長させるのも、自分でやらなければなりません。
記事が勝手に勉強して成長してくれることはありません。

レベルの低い記事を書いたままにしていると、
自分で更新しない限り、レベルの低い記事のままでブログ全体の足を引っ張ってしまいます。

レベルの低い記事を訪問者が見てしまうと、
「ほかにもレベルの低い記事があるはず。」
「このブログはレベルが低い。」
と思われて、二度と訪問しなくなってしまいます。

これも前回の記事で説明しましたよね。

今この記事が20記事目くらいになるのですが、
やはりまだまだ訪問者は少ないですね…

正直に言わしていただくと、10人もいません…

これが、アフィリエイター誰しもが通る「忍耐」の期間です。
僕はブログアフィリエイトで100記事まで書いたことがあるので、
十分に忍耐力があることはわかっています。

けれど、良質な記事を100記事書くまでにある一つの「誘惑」があります。

それが、「他のアフィリエイトメソッド」の存在です。

100記事目指して書いている途中に、
たまたま他のアフィリエイトメソッドの広告を見てしまうと
買いたくなってしまうのです。

僕はすでにABAという情報商材を買っているのですが、
一度アタリの情報商材を購入してしまうと、
今まで怪しいと思っていた他の情報商材が
まるで福袋のようにワクワクが詰まったものに見えてくる
のです。

一度良い思いをすると、安心して他のものにも手を出そうとしてしまうのです。
パチンコや宝くじのようなもので、
もう一度当たりが出た時の快感を味わいたいという心理ですね。

10000円や20000円の情報商材は普通の人なら買うことはないはずですが、
僕たちのような真剣にアフィリエイトをやっている者にとっては
成果を出すためには買わなければいけないものです。

自分の軸となる教材にお金を出し惜しみしていると、
僕のように膨大な時間を無駄にしてしまいます。

高額な情報商材は自分の価値観や、人生をひっくり返してしまうくらいの効果があります
僕はそれがわかっているからこそ、他の情報商材も買いたくなってしまいます。

しかし、逆に情報商材を一度に買い過ぎると、それが挫折の原因になることがあります。

皆さんゲームは好きですか?

僕はPS4のゲームをよくやるのですが、
社会人になってからは月に2回くらいのペースでゲームソフトを買っていました。

さすがに今はゲームに時間を使うのが非常にもったいないことだとわかっていますので、
自由になるまでは極力ゲームは避けるようにしています。
スマホゲームはもってのほかです。

こんなにゲームソフトを買っていたら、楽しい日々が送れそうだと思っていました。
しかし、なぜかゲームが楽しく感じられないのです。

子供のころに比べて飽きやすくなったのか?
そんなことを思っていましたが、違いました。

原因はゲームをコロコロと変えすぎていたのです。

シューティングゲームでゲームオーバーになったから、
気分を変えて、RPGをやってみよう。

なかなかボスが倒せないから、もっと楽なゲームをしよう。

やっぱり刺激のあるゲームがあってるかな?

こんな感じで、ゲームのストーリーは全く進まないのに、
ゲームの数だけ増えていきます

いわゆる積みゲー状態です。

これはアフィリエイトの教材でも同じことが言えます。
一つの教材がうまくいかないから、
別の教材に切り替えてみるということを延々とやってしまっているのです。

いつまでたっても成果が出ないので、挫折に至ってしまいます。

この経験があるからこそ、
教材は一つに絞って、絶対に他の教材は買わないようにしています。

教材が1つしかない場合と、いくつも教材を持っている場合だと、
成果が出ない時どんな行動をとりますか?

教材が1つしかない場合、成果が出なければ、
何が悪いのだろうか?もしかすると教材と違うことをしているのかもしれない。
もう一度読み直そう。

と考えるはずですが、

教材がいくつもある場合、成果が出なければ、
この教材は自分には合っていないのかもしれない、もしくはこの教材に騙されているのかもしれない。
でも僕には別の教材があるから、そっちを試してみよう。

こんな考え方をしてしまいます。

うまくいかなかったときの反応が大きく違っていますよね?

ゲームならばクリアする事だけが目的ではないので、
楽しめるのであれば、コロコロとゲームソフトを変えて遊べばよいのですが、
教材は成果を出すために買ったのですから、いろいろ試している暇はありませんよね?

一発目から良い教材に出会えたのであれば、
もう余計なものは買わないでください。

何度も言っていることですが、
ノウハウコレクターになることが目的ではありません。