このままでは死ねない人生

明日死ぬとしたら今日何をしますか?と言われても、
僕はずっとゲームして過ごしますと答えます。

友達に会いに行くわけでもなく、行きたいところがあるわけでもなく、食べたいものもない。
改めてなんてひどい人生なんだろう?と実感します。
けれども、逆にこのままでは死ねないと思いました。

“このままでは死ねない人生” の続きを読む

辞めても働いても襲ってくる「不安」という「ゾンビ」

会社で働くのが辛いはず

にもかかわらず、たまにこんなことを思うことはありませんか?
「やっぱり働きたい」と思うことが。

以前僕が仕事を辞めた後の5か月間のニート生活に終止符を打ったのも
「やっぱり働きたい」という気持ちからでした。

お金が底をつくというのも理由としてもちろんあったかもしれませんが、それよりも「働きたい」と強く思ってしまったことが、再び会社で働くことになった理由です。

おかしいですよね?

あれほど辛かった仕事を自分からやりたいと思ってしまうなんて。

実はその原因は社会に潜むゾンビという恐ろしい存在が原因だったのです。

興味がある方は5分ほど僕にお付き合いください。

“辞めても働いても襲ってくる「不安」という「ゾンビ」” の続きを読む

働きたいのに辞めさせられる人

「辞めたいのに働かされる」

これは僕たちのことですよね

 

では、「働きたいのに辞めさせられる」
これは誰のことでしょうか?

それは定年を迎えた人です。

いやいや、定年を迎えたんだからもう働きたくないはずでしょう?
と思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

今の僕たちからすると、定年まで働くことすら嫌ですが、
実際に定年まで働いてみると今と全然違う考えになっているかもしれませんよ。

今から会社に40年間くらいどっぷりと漬かってしまうわけですから・・・

会社に雇われるということがどんなことなのか?
今回はそれを一緒に考えていきましょう。

“働きたいのに辞めさせられる人” の続きを読む

給料なんてどうでもよくなってきた。

こんにちは、ノムラです。

最近不思議なことが起こり始めました。

「給料なんてどうでもよい」

このように考えるようになってきました。

 

どうやらアフィリエイトを本格的に始めたことによって、
未来で手に入る大金のことを考えると、今の給料なんてどうでもよくなってきたようです。

正直もう今の会社では給料は上がらなくてもよいと思えるようになっています。

むしろ給料が上がるということは「責任」という代償も大きくなるということです。
よけいな責任を大きくされてアフィリエイトの邪魔になるくらいならば、
昇給なんてしてもらわなくてよいのです。

だっておかしいと思いませんか?
どうして、「責任」なんて言うおかしなものが付いてくるのでしょうか?

 

給料が上がることで、今まで高くて買えなかったものや、いけなかった場所に行けるようになるので、選択が増えることになります。

つまりプライベートな選択肢は増えることになります。
けれど実際はどうでしょうか?

給料が高いほど、プライベートに仕事が侵食してくるのです

どういうことかというと、

友達と遊びに行っているときに会社から電話がかかってきて「あの書類の場所どこだっけ?」

家でゲームをやっている時に会社から電話がかかってきて、メールで急ぎの案件を送ったから、悪いけど今日中に返信してくれないか?

など、休日なんて関係なしに仕事の電話がかかってきます。

僕の会社は僕も含む一部の人間はノートパソコンを持って帰るようになっていて、
暗黙の了解というやつで、休日でもメールをチェックしないといけません。

ひどいときは、残業になるくらいなら家に持って帰ってやってくれと言われる始末です。

最近はそれらが原因で45歳のベテランの営業の方も会社をやめてしまいました。

この方は8年以上働いていたのですが、社長のむちゃくちゃな命令によって
プライベートもかなり侵食されていました。

家族で水族館に行っているときも社長から電話がかかってきて、
子供と話す時間を奪われることもあったようです。

奥さんには、「今日一度も子供の顔を見ていないでしょ!」
と怒られてしまったようです。

この方は45歳で2人目の子供が生まれたのですが、
にもかかわらず会社を辞める決断をされました。

すでに45歳、結婚もしていて、子供も生まれたばかり、
かなりのリスクがあるにもかかわらず会社を辞めてしまったのです。

この方はまだ2人の子供を小学校、中学校、高校に通わせないといけません。
はっきり言って大学に行かせることは難しいのではないでしょうか?

 

僕が子供のころに体験した出来事に似ています。

以前もお話ししましたが、僕も父親が35歳くらいの時に会社を辞めてしまい
部長クラスの給料から、一気に平社員の給料に激減してしまいました。

それが原因で僕と弟は大学には行けませんでした。

 

今回45歳の方が辞めてしまったことは
戦力ダウン以前に、そこまでしてでも辞める人がいる会社なんだな、
と改めて実感させられました。

僕はこれが原因でかなり不安になりました。

「自分もこんなことになったらどうしよう…」

そう考えると皆さんも不安になりませんか?

給料は確かに毎月安定してもらえます。
けれど、それはその会社で働いている間だけです。

何十年も働いて給料もそれなりにもらっていても、
会社を辞めてしまえばすべてが台無しです

僕はこの「給料のリセット」が一番恐ろしいのです。

給料はその人間の価値に対して払われているわけではなく、
労働に対して払われています。

特にバイトであれば、接客の仕事で働いても
あくまでも接客の仕事に対しての給料であって、
その人が何歳かなんて関係ないはずです。

たとえ高卒がバイトしようが、50歳の人がバイトしようが同じです。

昇給はあくまでもその会社の中で責任という代償によって給料が上がっただけ。
もしくは、長く働くことで給料が上がるから、辞めない方が良いと考えさせるため。

前回の記事でも触れましたが、
働くことに疑問を持っていても会社を辞めることが出来ない原因の一つが
「給料がリセット」されてしまうことではないでしょうか?

だからこそ、他の会社で働き始める時はリセットが起きて、
高卒と変わりない給料しかもらえないのです。

 

しかし、この不安のお陰で三度目のアフィリエイトを絶対に成功させようという決意もできました。

アフィリエイトで生活費を稼いでやると決意した瞬間、
給料なんてどうでもよくなってきたのです。

まだ成果も出ていないのにも関わらず、
アフィリエイトを始めることで安心できるようになったのです。

昇給?
月にもらえる金額が10000円上がっただけじゃないですか?
それ以上に責任を押し付けられるだけでしょ?

 

僕はもうアフィリエイトで成功することしか頭にありません。

 

今まで給料を上げるために、仕事術やビジネススキルを磨いてきましたが、
これはアフィリエイトではほとんど役に立っていないのです。

・書類をきれいに整理する方法
・電子メールの上手な使い方
・エクセルで仕事効率を上げる

つまりお金を直接的に稼ぐことはできないのです。

そもそも、アフィリエイトで稼げるようになれば、
会社でしか役に立たないスキルなんて必要なくなるのですから。

だからこそ、仕事術の勉強はやめて、
稼ぐためのスキルを磨くようにしました。

コピーライティングの勉強
心理誘導の勉強

自由な人生を手に入れる教科書ではこの2つが大切だと書かれています。

この2つさえあれば、文章だけで商品を売ることが出来るからです。

会社にいくら不満があっても、僕たち労働者は会社の給料で生かされています
そのお金をゲーム、マンガ、旅行、食事といった娯楽に使って得られる快感はすべて会社のお陰ということになってしまいます。

そんなの嫌じゃないですか?

働き続けるということは、今後体験する嬉しいこと、楽しいことは全て会社のお陰になってしまいます。

もう一度言いますが、今の僕たちはどれだけ会社に文句を言おうとも、
会社から給料をもらうことでしか生きていくことはできません。

そんなのおかしいじゃないか!

そう思うのであれば、アフィリエイトで自力でお金を稼いで、自分の力で生きていけるようになるべきです

アフィリエイトで自由になり、今の生活以上の体験をして、
「あの時アフィリエイトを始めて本当に良かった」と思える人生にしましょう。

ここまで記事を読んでくれたあなたは、もう何をすべきかわかっているはずです。

どうせなら会社からもらった給料を使って、会社を辞めるための力を身に付けましょう。

Automated Business Academyでその力は身に付けられます。

会社の地位なんていつ失うかわかりません。けれど稼ぐスキルは絶対に失わないし、奪われません。

 

もし財布の中身を頭につぎこんだら、
誰も盗むことはできない。
知識への投資が
いつの世でも最高の利子を生む。
ベンジャミン・フランクリン

「働く」とは「無抵抗で降伏する」ということ

こんにちはノムラです。

あなたは「働いたら負け」という言葉を知っていますか?

バブル崩壊後の労働条件の悪化によって、
働くことを廃棄して、新しい生活を見出すニートの考えです。

以前の僕はこの考えを否定していました。

は?働いたら負け?
何を言っているんだろうこの人たちは?

働かなかったらお金が手に入らないんだから生活できないじゃないか…
しっかりと学校の教育を受けてこなかったから、そんなおかしな事を言っているんだろうな…

このように僕は思っていました。

けれど、今では僕はアフィリエイトを始めて会社の真実を知ってしまったので、
「働いたら負け」という考えを支持します。

そもそも学校の教育、国の教育を受けなかったら、
ニートのように働くことが異常なことだと気が付けるはずなんです。

しかし、ほとんどの人が学校、国の教育を受けてしまっているので、
それに気づくことなく社会に出て、定年まで何の疑問を持たずに働いています。
中には働くことが好きだからと言って、定年を過ぎても働く人もいます。

それでも、一部の少ない人達は気が付くんです。
何で他人に自分の生活を預けないといけないのか?
何で他人に自分の時間を奪われないといけないのか?
何で他人に決められた場所に毎日通わないといけないのか?
何で他人に自分の価値を決められないといけないのか?

 

この記事を読んでくれている皆さんは
働くということがおかしなことだと気が付いていて、
自分の考えを大切にする方だと思います。

国や社会に考えることを丸投げせずに、常に考え続けてきたはずです。
だからアフィリエイトに何度も挑戦して、自由を目指しているはずです。

そんな皆さんに質問です。

「働いたら負け」とはいったい何に負けるんでしょうか?

 

勇者が魔王を倒しに行く。

ゲームではよくあるシナリオですよね?
魔王に支配された世界を勇者が取り戻す。

勇者からすると何で俺一人だけ?
もっとみんなで倒しに行ったらいいじゃん。
と思っているかもしれませんね。

何でこんな話をするのかというと、先ほどの「働いたら負け」という
考えにつながるからです。

 

魔王を社会や国と考えてください
絶対的な力を持つ存在です。

 

では勇者はどうでしょうか?

もちろん、自由を目指して頑張っている僕たちアフィリエイターですよね。

では働いている人はこのゲームの中のどれにあたると思いますか?

それは魔王に世界を支配されても戦おうとしない、
勇者以外のキャラクターです。

今現在働いている人の中にも、働くことがおかしいことだと気付いている人はいるはずです。
じゃあ何で働いているのか?

理由は簡単です。
自分の力ではどうしようもない、自分の力ではお金を稼ぐこともできないと思っている。
だから負けだとわかっていても、仕方なく働いているという方が多くいるのです。これは社会と戦わずに無抵抗で降伏している状態です。

社会に稼ぐ力を奪われてしまっているのです。

社会に負けているので、
ニートの「働いたら負け」という考えができたのだと思います。

働いて負けるくらいなら、働くことを放棄する、逃げるという正しい選択肢を選んだのです。

でも、逃げ方にも2種類あると思います。

一つ目は
社会に負けないために、逃げるという正しい選択をしたけれども、
ひたすら逃げるという選択を続けている

2つ目は
社会に負けないために、逃げるという正しい選択肢をして、
社会と戦うための手段を手に入れる

 

ゲームでは「逃げる」という選択肢が選べますが、
「逃げる」を選び続けるとどうなるでしょうか?

負けることはありませんが、勝つこともできないのでレベルアップもできません。
これでは何年ゲームをプレイしようが、最初の村から進むことは出来ません。

けれども「たたかう」という選択肢があれば、
レベルアップもできるし前に進むことができます。

この「たたかう」という選択肢こそ、アフィリエイトなのだと思います。
アフィリエイトは自分の価値を最大限に発揮して、自分の力で生きていくことができます。
つまり、自分の価値を武器にかえて戦えるのです。

 

 

これは以前から言っていることですよね?

 

僕たちアフィリエイターは
社会と「たたかう」という選択肢をすでに手に入れているんです。

僕は今は働きながらアフィリエイトをしていますが、
いずれ自由を手に入れます。

けれど、
「たたかう」という選択肢を手に入れたからには、
立ちはだかるモンスターを倒していかないといけませんよね?

ですが、社会、国、会社は魔王そのものなので、現実的には戦っても倒すことは困難ですしラスボスです。

では僕たちアフィリエイターにとってのモンスター、敵とは何でしょうか?

それはアフィリエイトを邪魔する人や、間違った情報を与える人、情報弱者を狙った詐欺師などではないでしょうか?
さらには、孤独な期間、売り上げが伸びないといった問題などなど。

こういったモンスター、敵を倒すことでレベルアップしていけます。

魔王である社会を倒すことは困難です。
けれど、負けないように戦い続けることはできます。

僕たちは社会を倒すのが目的ではなく、
自身の自由な生活を手に入れることが目的なはずです。

勝つ以前に「働いたら負け」これは正しい考え名のではないでしょうか?

社会と戦うために、正しい教材を手に入れて、レベルアップしていきましょう。

 

ノムラは最強の武器を手に入れた。

 

 


アフィリエイトランキング

資格勉強が必要のない理由~辞書人間になってはいけない~

※この記事は資格勉強中の方を不快にさせてしまう恐れがあります。

僕は現在お菓子屋で経理、販売、受付の仕事をしています。

お菓子屋さんに入ったからせっかくだからお菓子の資格を取ろう。
そう考えて、スイーツの資格を4ヶ月ほどかけて取りました。

通信講座代が40000円くらいしたとおもうのですが、
今になって思うとなぜいつ使うのかも分からない資格を取ってしまったのだろうか?
と不思議に思っています。

確かに、資格はお客さんに対しての説得力や信頼につながるかもしれませんが
しかし、資格はあくまでも会社に入るための切符にすぎないと思います。

自分の資格を公表するのって、履歴書に書くときくらいですよね?

実は自分がスイーツの資格を取っていることは会社の人には言っていません。
取った後に気が付いたのですが、自分から言うのって自慢するようで恥ずかしいですよね…

現在もお菓子屋で働いていますが、
正直に言うと、基礎だらけの資格の教材よりも、
数千円で買った、お菓子に関する科学の本の方が
よっぽど役にたっています。

それに、スイーツの資格を取ったところで、
自社のお菓子のことについて詳しくなるわけではありません。
むしろ、お客さんに紹介するのは自社のお菓子についての内容なのですから、
製造部に直接聞いた方が速いし、無料です。

今はネットのウィキペディアで簡単にお菓子のことを調べることができますし、
お菓子の資格を持っている人よりも詳しく書かれています。

このように、
資格勉強は実践的ではないのです。
資格を管理する団体が定めた範囲の勉強をするだけですので、
決められた紙の上を隙間なく何度も絵の具で塗り重ねていくようなものです。

一方で、資格という枠組がない勉強、
つまり、自分にとって必要な部分だけの勉強
紙の上に必要な文字だけを書くようなものです。

本当に自分の成長と時間を大切に考えると、
役に立つかわからない部分まで覚えるよりも、
必要なときに本を開いて勉強することをお勧めします。

それに、資格はたくさん存在しますが、
中にはお金を払えば簡単に取得できてしまうものもありますよね。

気が付いたら、僕のように資格を取ることが趣味になっているかもしれません。
僕たちに必要なのは、稼ぐために必要なスキルであって、
会社に入るための資格ではありませんよね。

辞書になる必要はない

辞書について考えてみてください。
辞書の内容すべてを覚えている人なんていないはずですよね?

自分の頭の代わりに紙のかたまりが覚えていてくれるのです。
だから必要なときに開けばよい。

こんなお話があります。

外国のテレビ番組で、辞書の内容すべてを記憶したAさんが出演していました。
辞書の内容を一語一句、間違えることなく答えるAさん。

そこで司会者の方が、別で出演していた社長さんに、
次のように質問したそうです。

この辞書の内容すべてを記憶したAさんをいくらで雇いますか?

司会者はどれだけ高額な金額が出てくるのか期待していたようですが、
その社長は他の社員と何ら変わりない金額を提示したようです。

毎月Aさんにお金を払って、辞書の内容を教えてもらうなら
紙の辞書を買った方がいいに決まっていますと答えました。

その通りなんですよね。

ネットビジネスでは、特に効率が求められます。
HTMLやCSSを覚えるくらいなら、作成ツールを使う
イラストが必要であれば、イラストレーターに依頼する

自分が辞書になるのではなく、辞書を使う側に立つべきであることを
常に心掛けておきましょう。

辞書の内容ではなく、辞書の上手な使い方を覚える
もっと実践的なことを学びましょう。

今回はアフィリエイトというワードを全く使いませんでしたが、
アフィリエイトをする上で、間違った方向へ進まないように気を付けてください
ということを伝えたかったのです。

 

46年間で自由な暮らしが手に入る方法(笑)

こんにちは、ノムラです。

記事のタイトルの意味はすぐに分かると思います。

 

皆さんは次のどちらの方が怖いですか?

・アフィリエイトをして時間とお金を無駄にする。
・いまの生活を死ぬまで繰り返す。

かなり極端な2択になってしまっていますが、
僕たちは、今のつまらない生活を死ぬまで繰り返したくないから、
何度もアフィリエイトに挑戦しているのですよね?

何度もお金と時間を無駄にしても、それでもアフィリエイトに挑戦する。
なぜなら、今のつまらない生活を死ぬまで繰り返す方が何倍も怖いからですよね。

老後の楽しい年金生活のために今は一生懸命働くという人は
このブログにはたどり着いていないはずです。

もし、年金暮らしを目指して頑張っているという人は
これ以降は記事を読まない方が良いと思います。

年金暮らしということは、働かずにお金が入ってくるので、
自由な生活ができる。

趣味もやり放題
漫画も読み放題
ゲームもやり放題
いろんなところに旅行も行けます

この生活を手に入れるために会社で定年までひたすら働く。

しかしよく考えると、
この生活を手に入れるまでにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

高卒で19歳くらいから会社に就職する。
そこから定年65歳まで…

実に46年間です。

大卒だと少し短くなりますが、
これほどの時間をかけてやっと自由な生活を手に入れることができるようです。

しかも、絶対という保証はありません。
仮に絶対に年金暮らしができるとしても、
それまでに死んでしまえば、一生懸命働いてきた人生が無駄に
なってしまうのではないでしょうか?

もちろん、一生懸命働く中で生きがいを見つけることができれば
無駄にはならないかもしれません。

 

定年まで働いて年金暮らしをするという手段に
名前を付けるとすれば「46年間で自由な暮らしが手に入る方法」です。
情報商材として売られていたら誰も買いませんよね?

先ほど65歳まで生きていられる保証はないと言いましたが、
戦時中の日本人男性の平均寿命は何歳か知っていますか?

正解は「23・5歳」

これはコンサルタントの講師の方がよくネタにするお話ですが、
本当に平均寿命が23・5歳かどうかは置いておいて、
男性は戦争でいつ死んでもおかしくなかったのです。

この時代の人たちは、明日死ぬかもしれないということを考えて
毎日を大切に生きていた、というお話です。

だから僕は、定年までの長い期間を犠牲にするよりも、
明日死ぬかもしれないと考えて、悔いなく自由に生きる方を選びたいのです。

そう考えると、明日死ぬかもしれないのに、
毎日同じ会社で、パソコンの入力作業なんてやっている場合じゃない!
と今すぐにでも、飛び出したくなります(どこに…?)

アフィリエイトに限らず、
ネットビジネスでは毎日を大切にする悔いのない生き方を
実現することができると思っています。
アフィリエイトで稼ぐために、僕が今日できる最善のこととは

今日の記事を全力で書き上げることです。

この記事を書いたら明日死んでも悔いはない
というくらいの記事を毎日書いていきたいと思っています。

アフィリエイトで面白いのは、
記事に全力を注ぐほど、成長できるということです、

儲けるためだけに、
つまらない記事を量産して、明日死ぬのは嫌だなあ
と思いながらアフィリエイトはしたくありません。

「成功するから楽しいのではなくて、楽しいから成功する」

誰かの名言だった気がしますが、
今の僕を支える言葉の一つです。

(だったら忘れるなよ…と思うかもしれませんが…)

以前の僕がやっていたアフィリエイトははっきり言って全然楽しくなかったです。
こんなしょうもないことをして儲かるはずがない。
と、心の中では思っていたはずです。

それでも、自由な未来を手入れるまでの我慢だ…と自分に言い聞かせていました。
当然このやり方ではダメだったから、ご存知の通り挫折したのです。

しかし、やり方と考え方を変えることで、今はとても楽しくなりました。
他の人と似たような商品の紹介記事やネタ切れの恐怖
そんなものとは無縁になりました。

本当に成功するかどうかわからないアフィリエイトを長く続けるためには、
つまらない記事ではなくて、自分自身が成長できる記事を書き続けることが大切です。

「楽しければ絶対に成功する」

今の僕はアフィリエイトをやっていてとても楽しいです。
だから絶対に成功できるという自信があります。

僕のアフィリエイトは楽しさ第一です。

以上、ここまで読んでくださりありがとうございます。