会社選びに失敗するのはなぜ?そもそも会社選びに成功なんてある?

前の会社がブラック企業だったから、次は絶対にブラック企業は選ばないようにしないと、同じことの繰り返しだ・・・

初めてハローワークに言った時の僕の心境でした。

しかし、今働いている会社も準ブラック企業のような会社でした。
やりがいがないし、好きでもない。

しかし、労働条件はしっかりと確認したはずなのにどうしてこんなことになってしまったのか、と考えるとある答えが出てきました。

求人票では「やりがい」や「楽しさ」まではわからない

凄く当たり前のことでした。
ハローワークの求人票などでその会社で働く「やりがい」や、「楽しさ」なんてわかるはずがないんです。
そもそも、労働条件さえ書いていれば問題ないのですから。

だからこそ僕たちは、業種、職種、労働条件等がまとめられた両面印刷のA4用紙に頼るしかありません。
結果、どれだけ条件が良くてもやりがいや楽しさが無いから僕のように辞めたいと思う人が多いわけですよね。会社選びに失敗したと思うわけです。

人が会社で働き続けたいと思うほとんどの理由は、「やりがい」や「楽しさ」が感じられるからです。
たとえ家族のために働いているとしても、やりがいがなければ苦しいだけです。

待遇が良いという理由だけで働くのであれば、求人票の中から一番良いものを見つけて応募すれば良いだけです。

それでも時間をかけて悩んでしまうのは、「もし自分に合わなかったらどうしよう」「楽しくなかったらどうしよう」「人間関係が心配」といった、求人票にかかれていない内容が気になるからですよね?

これはもう自分が働かないとわかりません。

求人票はあくまでも最初だけ?

僕が今働いている会社に応募したときは、
確かネットショップの運営という内容で応募したはずです。

「はずです」というのは、今は全然違うことをしているので、
覚えていないんです。

じゃあ最初だけネットショップの運営をやっていたのか?というと一度もネットショップの運営はやらされませんでした。

面接では「ネットショップの運営」や実際に店頭に立って接客もしてもらいたいと言われて、「いきなり求人票と違うこと言ってるやん!」と心の中で思いながらも、「はい、大丈夫です」と答えました。
一応、ネットショップの運営はやらせてもらえるみたいだからまあいいか・・・と考えていました。

そして、2日後くらいに電話がかかってきました。
さて、採用か?不採用か?ドキドキしながら電話に出ます。

「○○会社のものです。先日はありがとうございました。採用、不採用の前に一度お試しで1日だけ働いてみませんか?」
という内容でした。

確かに、パソコンの技術がどれだけあるかわかっていない人間をいきなり採用するはずもないか・・・。
だから僕はお試しで一日だけ働くことになり、当日は社員専用の駐車場にも留めさせてもらい、出勤しました。

さて、どんなことをやらせてもらえるのだろうか?と期待でいっぱいでしたが、いきなり予想外のことが・・・

「はい、これかぶって」
と手渡されたのは、前の工場で毎日のようにかぶっていた、メディカルキャップでした。医療ドラマを見たことがある人であればわかると思いますが、髪の毛が入らないようにかぶる、ふわふわのアレです。

その次に渡されたのが粘着ローラーです。通称「コロコロ」。
衣服の毛髪やごみを取り除くために使いました。

 

その日一日何をさせられたのかというと、商品の梱包、出荷作業でした。
あれ?ネットショップとかパソコンは?そう思いながらも一日が終了しました。

そして、最後帰るときに店長さんとお話をしました。
「あの、今日ずっと出荷作業だったのですが、パソコンのスキルとかは見なくてもよかったのですか?」

「それなんだけど、実は出荷作業担当の社員が辞めることになっていて・・・」
と言われた時点で嫌な予感がしました。
「・・・君には、出荷作業をやってもらいたいと考えているのだけれど、どうかな?」
当時の僕はとりあえず働ければ良いと考えていたので、快く承諾してしまいました。承諾すれば採用、断れば不採用という選択権が僕にある不思議な状況でした。

しかし、今考えると最初から出荷作業をさせるつもりで、ネットショップの運営という求人を出していたのではないでしょうか?
今となってはその通りだったと確信を持っていますが・・・

 

この経験から求人票はあくまでも、最初の条件であって、後から会社がいくらでも変えることができるんだとわかりました。
もちろん強制ではなく、従業員に提案という形をとるのでしょうが・・・

その後僕がどうなったのかというと、いろんな部署にたらいまわしになりました。

別の記事でも書きましたので省略しますが、
結果から言うと、何でも屋になってしまいました。

今は営業寄りの、事務かな?

やりがいを仕事に求めるのであれば独立しかない?

常に会社の都合で環境が変わる仕事場、仕事内容。
特に今の僕は環境がいつ変わるかもわからない状況です。

さらには労働条件すら後からいくらでも書き換えられてしまう状況です。

明日はもしかすると、店頭で接客をすることになるかもしれませんし、
いつも通りに事務仕事をするかもしれません。
もしかすると、いきなり出張で北海道に行かされるなんてこともあり得るのです。

最初の内は何とか自分でやりがいを見つけて頑張っていましたが、
せっかく自分で生み出したやりがいをいとも簡単につぶされてしまいます。

仕事にやりがいを感じないのであれば、自分で作るしかないと言いますが、
作っても作っても、つぶされてしまうのであればどうすればいいのでしょうか?

僕は自分で仕事を作ってやりがいを生み出そうと考えました。
つまり独立ですね。

求人票ではわからない「やりがい」を会社に期待しても、
「やりがい」がなければ辞める。
そしてまた、「やりがい」を求めて会社に就職して、
「やりがい」がなかったからまた辞める。

何回ハローワークに行って、求人を選んで、履歴書を書いてを繰り返すのか・・・

これを繰り返すくらいならば、もう自分で独立する方が早いと思いませんか?

この世界に自分に100%合う仕事なんてないのではないでしょうか?
だったらもう自分で作るしかないというのが僕の結論です。

 

自由に失敗ができる世界で生きよう

 

最近僕の会社では経営状況が厳しいのか、どんな細かい人為的ミスによる損失も報告することになりました。

酷いときは、責任者と該当者は損失分を払わされるなんてこともありました。

たまに責任者の机の上に置いてある報告書を目にすることがあります。

<落下による商品のロス>
・商品を移動する際、誤って落下させてしまいました。
損失額500円・・・

正直笑いそうになりました。
毎日こんな小さな金額のロスを報告するために、A4用紙の報告書を作成しないといけないなんて。

以前はここまで厳しくはなかったのですが、これによって一人一人が損失を抑える意識が持てればいいのですが・・・

僕は逆効果だと思います。

なぜなら、ほんの少しのミスで給料から損失を天引きされるのであれば、誰も失敗しないように余計なことはしなくなりますよね?

それはつまり新しいことにチャレンジしようという意欲もなくなってしまいます。

もはや会社のみんなは余計なことはせずに、失敗は絶対にしないという状態です。
できるかもしれないことも、「できない」と言っておこうという状態です。

失敗すら許されない世界に僕はいます。

失敗を自由にできる世界に行くためにはどうすればいいでしょうか?
簡単なことです。

起業、独立こそ自由に失敗ができる世界だと思います。

僕は今まで、アフィリエイトでかなりの時間を使ってきましたが、成果が出ませんでした。
これは明らかな失敗ですよね?
会社であれば、始めた事業が3年たっても全く利益が出ていない状況です。
すでにクビになっているでしょう。

ですが、僕を責める人は誰もいません。
なんせアフィリエイトは僕一人で始めたわけですから。

現在もこのブログでアフィリエイトをしていますが、
記事の書き方を間違えたり、方向性を見失うことがあったり、
いろいろ失敗を繰り返してきていますが、やはり誰も責めてくる人はいません。

「損失を君の給料から天引きする」なんて言ってくる人もいません。
失敗し放題の世界なんです。チャレンジし放題の世界なんです。

以前も言いましたが、
失敗するということは、この方法ではうまくいかないことを知ることができたということです。

失敗すればするほど成功に近づくということになります。

失敗を怖がるのは、あくまでもイメージしているだけなんです。


失敗を怖がって、イメージしているだけでは、この方法でうまくいくのか、それともうまくいかないのかがわからないままなんです。

行動しないとイベント(成功OR失敗)が起こりません。
何かイベントが起こらないと反省や調整のしようがないんです。
反省や調整ができなければ、再挑戦もできません。

それでも失敗を恐れてなかなか行動できないと思います。
僕も最初はそうだったのですが、ある一つのことを知ってからは失敗をしても良いやと考えるようになりました。

「失敗も実績になる。」

以前だいぽんさんが配布された音声データで「実績がない人の対処法」というのを聞いて全くその通りだと思いました。

最初から実績がある人なんていないんですよね。

失敗や成功しなければ実績なんて出来上がらないし、
むしろ、失敗したことも実績になるんだと気づかせてくれました。

僕なら3年くらいアフィリエイトをやって成果が出なかった実績がありますし、
逆に、3年成果が出なかったアフィリエイトを挫折した2年後にもう一度アフィリエイトに再チャレンジしたという実績もあるんです。

資格コレクターになっていたという実績もあります。

成功や失敗しなければこんな話はできません。

「3年間アフィリエイトをやろうかどうか悩んでいた」というのはさすがに実績になりませんよね?

行動すれば必ず実績になりますが、行動しなかったということは実績にはならないはずです。

「仕事が楽しくないのは想像しているから」という記事でもお話ししましたが、
「未来を想像すること」と「未来を創造すること」は、発音だけだと同じにしか聞こえませんが、実際にその人の行動を見ると全く違います。

社長になるのが夢だといつも語っているだけの人と
社長になるための勉強をしている人とでは全然違いますよね?

あなたも自由に失敗ができる場所を会社とは別に作ってみてはいかがですか?
あなたが本当にやりたいことをすれば、失敗しても楽しい、成功すればもっと楽しいと思える世界になるはずです。

僕にとっての自由に失敗ができる場所は、アフィリエイトなんです。

PS.

そういえば、もう一つ失敗し放題の世界がありました。

ゲームの世界です。

どれだけモンスターに倒されて、ミッションを失敗しても、死んでしまっても、何度でも挑戦できますし、復活できます。

「このモンスターの体当たりはよけられないから盾でガードしよう」
「このアイテムがあれば楽にゲームを進められるなあ」

しかし、ゲームの世界での失敗は現実味がないんです。
だからこそ、現実で失敗や成功を繰り返す方が自分のためになりますよね?

アフィリエイトは最初は失敗したほうがよい?

ネットビジネス、特にアフィリエイトで成功している人は、何らかの辛い経験をしている人が多いように思えます。

莫大な借金をしていたという自分の過去を告白している方も多くいらっしゃいます。それがきっかけで、アフィリエイトを始めたという方が非常に多いんです。

大きな借金を返すために、毎月の少ない給料で一生返し続ける人生を送る人がいる中で、もっとより多く大金を稼ごうとする人もいます。
何億円もの借金を抱えたにもかかわらず、短期間ですべて返し終えた人も存在するんです。

お金以外の問題でも同じようなことが言えます。
働くことが辛い人は、働くのが辛いから働かなくて良い方法を僕のように見つけようとする人と、単純に耐え続ける人、耐えるための自分をだますための方法を見つける人がいます。

いずれにせよ、辛い経験をしたことがある人はそれを乗り越えるための努力をするんです。

失敗したって、失敗したからこそ成功するにはどうすれば良いのかを考えるはずです。

“アフィリエイトは最初は失敗したほうがよい?” の続きを読む