やっぱり「個人で起業する」という答え

残業代の支払い期限は2年間、それを過ぎると時効になるのか・・・

なんで冒頭からそんなことを言い出したのかというと、社長のある言葉がきっかけで、気になって調べたからです。

「17:00までに残業の申請が遅れれば、残業代は払わない!」という言葉です。

 

何でそんなことを社長が言い出したのかというと、今は閑散期にもかかわらず、ちょくちょく残業をする社員がいたからです。
正当な理由がないと残業を許さないとのことです。

そんなことばっかり社長が言うから、僕の会社の離職率は高いんですよ…
最近は5年間くらい働いていた人が、5、6人も辞めてしまいましたし。

どんどんレベルが下がっていってしまいます。
なるべくマニュアルとかも作ってみてはどうか?
そうすれば、新人でもすぐに動けるし、マニュアル通りに動けない人は試用期間終了後に雇わなければいいのでは?
と提案してみても、

「いや、社員一人ひとりに会社の理念や指針を頭に入れて、個人で考えながら働いてもらいたいからダメだ!」と言われます。

しかし、その理念や指針を社長がコロコロ変えるから誰も付いていかないんですよ?とまでは言えませんでした。

残業の話に戻りますが、
申請しようが、申請しまいが、残業したら残業代は支払われないといけないはずです・・・よね?

もし、申請しなくて、やっぱり残業することになってしまった時のことを考えると不安になった…ので、とにかく気になって調べてみました。

この記事で残業代の未払い問題についてそこまで詳しくつもりはありませんが、色々調べていて、気が付いたことがあります。

そういった残業代未払いとかの問題で悩む人を助けてくれる弁護士さんが多いということです。

残業代を払ってもらえるかどうかまでは、無料で診断してくれる方が多いようでした。
中には「残業証拠レコーダー」なんて素晴らしいツールも開発されている方もいました。(通称:残レコ

早速ダウンロードしてみました。
GPSをONにすることで、○時から○時まではその場所(会社)にいたということが記録されます。それにネット上にアカウントが登録されるので、スマホが壊れても安心です。

また、1つ新しい武器を手に入れました。

 

色々調べてみて分かったことは、
会社を辞めることを否定的に言う人も多いですが、
それをサポートしてくれる味方?もたくさんいるんだなあと思いました。

 

しかし、改めて労働者は弱い存在ですよね。

昇格、降格の人事権も
昇給、減給の給与権も
社長や役員の手に握られています。

僕たち被雇用者は何を武器にすれば、対等に渡り合えるのでしょうか?

どれだけ歯向かっても、「じゃあ君クビね」と言われれば、
「え・・・いややっぱりうそ、うそですよ~。もうやだなあ社長ったら本気にしちゃって~」と泣き寝入りするしかありませんよね。

人事権と給与権という二つの武器を振りかざされれば、引き下がるしかありませんよね・・・

先ほどの「残業証拠レコーダー」も身を守る武器でしかありません。

だから、会社を辞めた後に、弁護士とかに相談して後から訴えるという手段を取る方が多いようです。

 

労働問題を解決することを仕事にする人も多くいるわけですから、
それだけ労働問題で悩んでいる人が沢山いるということですよね。

けれども、
残業代が支払われない!とか
有休がとれない!とか

そんなことで自分の大切な時間を取られるのも嫌ですよね?
本来、必要のないことで法律で言い争ったり、ただでさえお金や時間の自由を奪われているのに、そこからさらにお金と時間をかけて弁護士に相談したり。

このブログを始めてから労働問題に触れることが多くなりましたが、調べれば調べるほど「何で会社で働いているんだろうか?」と不思議に思ってしまいます。

 

今は個人で稼ぐ時代だ!

特にこの2018年は個人が大きく稼ぐチャンスだと多くのコンサルタントの方が言っています。

よく耳にする言葉ですが、今はそんな言葉が唯一の希望です。
会社に期待して、とにかく言われた通りの仕事に力を注ぐというのは、実は個人で稼ぐ力を奪われ続けているんです。

 

いくら仕事をして凄いスキルが身についても、それを人生に活かさないと勿体ないのです。

そのままではビジョンが見えなんです。
ひたすら働いていても、到達できるのは素晴らしい社畜というゴールしかありません。
だって、会社に未来を任せているだけなのですから、
そのままでは、会社が期待する「素晴らしい社畜」になってしまいます。

会社が僕たちに立派に起業できる人間になってほしいなんて思っているでしょか?
そんなはずありませんよね?

だからこそ今は、自分で未来のビジョンをしっかりと描いて、それに向かって生きていかないといけないのではないでしょうか?

今は個人で稼ぐ時代です。
個人で起業できる時代です。

 

起業するためのスキルを身に着けたい方はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA