貯金なんてしている場合じゃない

あなたは毎月どれくらい貯金していますか?

1万円?5万円?でしょうか?

でも、仮に1万円~5万円を毎月貯金しているとすると、何でその金額を毎月貯金しているんでしょうか?

とりあえず?定期預金的な感じでしょうか?

でも、将来それだけの貯金で足りるのでしょうか?

別に「もっと貯金しましょう」なんてことを言うつもりはありません。

自分の将来のために貯めるというのであれば、将来、何か大きなことをやるつもりなのですか?

定年後に喫茶店などをやりたいと思っているのであればよいでしょうが、あなたは本当に将来がはっきりとしていますか?

はっきりとした将来のイメージがないままひたすらに貯金を続けるのは正しいのでしょうか?

 

あなたは、その貯めたお金を何に使うのかプランはありますか?

まだ先のことだから、そんな未来のことはぼんやりとしか浮かんでいないかもしれませんね。

ちなみに僕の将来は30才までに年収1000万円
40才までに年収1億円となっている予定です。
もちろん予定ですからね?

あなたの未来がぼんやりとしか浮かんでいないのであれば、もったいないです。

何か夢を見つけましょう、なんてことは言いません。
でも、40才にはこれくらいの給料で、50才はこれくらいの給料で、と明確にすべきだとおもいます。

この機会に将来どれくらいの年収で、定年後は何をするのか?くらいは考えてみませんか?
僕みたいにめちゃくちゃな年収でもいいんです。

こんなぶっとんだことを考えていてもバチは当たりませんので、やってみましょう。

将来1億円の年収であれば、今毎月10000円ためて年間12万円貯める必要なんてないですよね?
そんなもの1億円の年収であればいつでも引き出せるお金です。
もちろんこれはあくまでも想像です。

しかし、あなたが今の会社で、何年も働き続けるのであれば当然昇給もするはずです。

だったら、入社したての頃に毎月1万円を貯金するよりも、給料が上がってから毎月2万円でも、3万円でも貯金するほうが良くないですか?

給料が少ない時の1万円と、給料が多い時の1万円は全然違いますよね?

20万円の給料にとって1万円は20分の1、40万円の給料にとって1万円は40分の1になります。

僕が言いたいのは、給料が少ないころに貯金するよりも、給料が増えた時に貯金する方が良いということです

将来何が起こるかわからないから貯金するとしても、給料が少ないころに貯金した金額なんてたかが知れていると思います。

給料がたくさんもらえるようになってから貯金すれば、給料が少ない時に貯金していた金額なんて簡単にこえてしまいます。

子供のころに親からお小遣いを1000円もらっていたとして、
10000円で買いたいものがあるから、10カ月貯め続けて10000円のものを買うとしましょう。
でも、今のあなたなら10000円なんて簡単に引き出せますよね?
余裕があれば2万、3万円だって自由に使えるはずです。

つまり、何が言いたいのかというと、給料や収入は将来増えているんです。
それを計算せずに、今の給料や収入から何カ月我慢したら買えるなんて計算するのは間違っていると思います。

 

僕が子供のころトレーディングカードゲームにはまっていて、毎月1000円の小遣いでカードを買うことに使っていました。

けれども今は10000円で一気に買うことが出来ます。
子供のころに、お菓子も買わずにカードばかり買っていたことがなんだかもったいない気もします。

 

つまり、今のあなたが娯楽や贅沢を少し我慢してコツコツと貯めているお金は、未来になれば小さなものになるんです。
そうすると、未来のあなたはこう思いませんか?
「今こんなにお金が手に入るんだから、若いころに貯金なんかせずに、もっと贅沢したり遊んでればよかった」

 

他の例で説明すると、
あなたは20代のころ毎月10万円貯金していました。
そのため、あまり贅沢は出来ずに節約生活を送っていました。
20歳から30歳になるまでの10年間毎月10万円貯め続けた結果、
1200万円も貯まりました。これだけお金があれば安心だ。
今までの苦労して貯金をしてきてよかった。

ところが、30代になったある日、宝くじで1億円当たってしまいました。
今まで苦労して貯めてきた1200万円をはるかにしのぐ金額です。

こんな金額が手に入るなら10年間苦しい思いをしてきた貯金生活は何だったのか・・・

と、かなり極端な話ではありますが、この話で何が言いたいのかというと、

お金は未来でどれだけ手に入るかわからないということです。
お金がどれだけ必要になるかわからないのと同じで、今回のお話のように宝くじが当たって思わぬ収入を得ることもありうるのです。

つまり、今貯金をしなくても、未来でその貯金しなかった金額をいくらでも取り戻すチャンスがあるということです。

だから、今必死で貯金しなくても、未来であっさりと大金が手に入る可能性があるんです。

逆に、今貯金をしてしまうと、つまり投資をしなかったら、その貯金した金額を投資して得られたはずの経験は取り戻すことはできません。

まとめると、

今、貯金をしなくても、お金は未来でいくらでも取り返せる。
今、投資をしなかったら、経験は未来で取り返すことが出来ない。

あの時、投資しておけば、あの時もっと贅沢をしておけば…そういった後悔は簡単は消せません。

 

今の生活レベルを下げて、貯金で圧迫した生活を送るよりも、もっと給料が増えてから、子供ができてから貯めた方がよいですよね?

もう一度聞きますが今の貯金は何が目的ですか?

今のうちから子供の養育費を貯めようとしているわけではないですよね?
結婚する予定がないのであれば、もちろん結婚式代を貯めているわけでもないですよね?

将来何が起こるかわからない不安を和らげるためだけに、貯金しているわけではないですよね?

でも、別の記事でも言いましたが、不安はなくなりません。
魔法の財布という話でもあるように、貯金するために生活を我慢するのはおかしいですよね?
(参考記事:簡単に成功への一歩が踏み出せる1つの考え方

 

 

今月だけでもいいのでその一万円を自分の口座ではなく別のところに貯金しませんか?

別のところというのははあなたの頭です。
つまり、自己投資です。

毎月の一万円をあなたの自己投資に使ってみてください。何でもよいです。月額一万円のセミナーに参加するのでもよいです。

ただ、使いきれることに使ってください。
本を10000円分8冊くらいまとめ買いしても読み切れませんので、3冊くらいしか読めなければ一万円使ったことにはなりません、ただの消費になります。

 

最初の方に未来の自分の年収をイメージすることが大事だと言いましたが、会社で働いている以上、将来これだけの年収だろうなんていう保証はありません。

でも、自分で稼ぐことができれば、ある程度はコントロールはできます。

と、この話はまた今度にしましょう。一度にたくさんお話ししても、頭の中で整理するのが大変ですよね

今は、とにかく今の貯金に対して疑問を持ってみてください。

 

昔の僕は、今の自分の給料で買えないものを貯金して買うのが好きでした。
30万円もする腕時計や、8万円もする万年筆を買ったり

でも気が付いたのは、わざわざ今の自分の給料に見合っていないものを買う必要はあるのか?ということです。

将来もっと給料が増えた時に今買えないものを買えばいいじゃないか。なんで今買えないものをわざわざお金を貯めてまで買う必要があるんだろうか?
逆に今の自分の給料でも買えるものを買えばいい。

 

もし、あなたの今の給料の余裕では買えないものが欲しくなったら、買う余裕のある給料になるまで待てばいいんです。その代わり、今のあなたに見合ったものを買えばいいんです。

今回は貯金とお金の使い方について書かせていただきました。

 

もし、興味があれば、次回の記事も読みに来てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA