資格勉強が必要のない理由~辞書人間になってはいけない~

※この記事は資格勉強中の方を不快にさせてしまう恐れがあります。

僕は現在お菓子屋で経理、販売、受付の仕事をしています。

お菓子屋さんに入ったからせっかくだからお菓子の資格を取ろう。
そう考えて、スイーツの資格を4ヶ月ほどかけて取りました。

通信講座代が40000円くらいしたとおもうのですが、
今になって思うとなぜいつ使うのかも分からない資格を取ってしまったのだろうか?
と不思議に思っています。

確かに、資格はお客さんに対しての説得力や信頼につながるかもしれませんが
しかし、資格はあくまでも会社に入るための切符にすぎないと思います。

自分の資格を公表するのって、履歴書に書くときくらいですよね?

実は自分がスイーツの資格を取っていることは会社の人には言っていません。
取った後に気が付いたのですが、自分から言うのって自慢するようで恥ずかしいですよね…

現在もお菓子屋で働いていますが、
正直に言うと、基礎だらけの資格の教材よりも、
数千円で買った、お菓子に関する科学の本の方が
よっぽど役にたっています。

それに、スイーツの資格を取ったところで、
自社のお菓子のことについて詳しくなるわけではありません。
むしろ、お客さんに紹介するのは自社のお菓子についての内容なのですから、
製造部に直接聞いた方が速いし、無料です。

今はネットのウィキペディアで簡単にお菓子のことを調べることができますし、
お菓子の資格を持っている人よりも詳しく書かれています。

このように、
資格勉強は実践的ではないのです。
資格を管理する団体が定めた範囲の勉強をするだけですので、
決められた紙の上を隙間なく何度も絵の具で塗り重ねていくようなものです。

一方で、資格という枠組がない勉強、
つまり、自分にとって必要な部分だけの勉強
紙の上に必要な文字だけを書くようなものです。

本当に自分の成長と時間を大切に考えると、
役に立つかわからない部分まで覚えるよりも、
必要なときに本を開いて勉強することをお勧めします。

それに、資格はたくさん存在しますが、
中にはお金を払えば簡単に取得できてしまうものもありますよね。

気が付いたら、僕のように資格を取ることが趣味になっているかもしれません。
僕たちに必要なのは、稼ぐために必要なスキルであって、
会社に入るための資格ではありませんよね。

辞書になる必要はない

辞書について考えてみてください。
辞書の内容すべてを覚えている人なんていないはずですよね?

自分の頭の代わりに紙のかたまりが覚えていてくれるのです。
だから必要なときに開けばよい。

こんなお話があります。

外国のテレビ番組で、辞書の内容すべてを記憶したAさんが出演していました。
辞書の内容を一語一句、間違えることなく答えるAさん。

そこで司会者の方が、別で出演していた社長さんに、
次のように質問したそうです。

この辞書の内容すべてを記憶したAさんをいくらで雇いますか?

司会者はどれだけ高額な金額が出てくるのか期待していたようですが、
その社長は他の社員と何ら変わりない金額を提示したようです。

毎月Aさんにお金を払って、辞書の内容を教えてもらうなら
紙の辞書を買った方がいいに決まっていますと答えました。

その通りなんですよね。

ネットビジネスでは、特に効率が求められます。
HTMLやCSSを覚えるくらいなら、作成ツールを使う
イラストが必要であれば、イラストレーターに依頼する

自分が辞書になるのではなく、辞書を使う側に立つべきであることを
常に心掛けておきましょう。

辞書の内容ではなく、辞書の上手な使い方を覚える
もっと実践的なことを学びましょう。

今回はアフィリエイトというワードを全く使いませんでしたが、
アフィリエイトをする上で、間違った方向へ進まないように気を付けてください
ということを伝えたかったのです。

 

浪費?投資?人生を変えるお金の使い方とは?

お金の正しい使い方は?
と聞かれるとあなたは何と答えますか?

シンプルに答えるとすると、
「投資」
ですよね?

ですが、投資とは何にお金を使うことなんでしょうか?

どうやら今まで僕は間違った使い方をしていたようです。

僕は手帳を集めることが趣味だったのですが、
新しいサイズの手帳を買うたびに、
それに合わせた、本革のカバーも買っていました。

これが、また結構な値段がしてまして、
一枚1万円以上のものばかり。

他にも本革の鞄などもたくさん集めていて、
毎月、50000円ほどは買い物に使っていました。

買った瞬間は、すごく気持ちが良いんですけど、
その気持ちのよさは、1日しか持ちません。

次の日になると、
「なんでこれを買ったんだろうか?似たようなものはあるし、
もう少しお金を貯めれば、もっと良いものが買えたはず…」
そのように毎回後悔していました。

しかしそんな日々がある日ピタリと止まりました。

僕はアフィリエイトで今度こそ稼ぎたいと思って、
10000円ほどの情報商材を購入しましたのです。

そこには、本屋さんで手に入れれらる情報とは比べられないほどの
レベルの高い内容が書かれていました。

今まで数千円の本を読んで賢くなったつもりの自分のことが恥ずかしくなって、
もっとレベルの高い情報商材を手に入れたいと思うようになりました。

いろんな本の著書者が言っていた
「自己投資にお金をかけなさい」というのは、
こういうことだったのか…と気づかされました。

さらに僕が気が付いたのは、
情報商材もカバンを買うときと同じく満足感が得られる、
つまり物欲が満たされるのです。

買った後も後悔がやってくることはなく、
買ってよかったという気持ちが続きます。

情報商材の中にも役に立たたないハズレもあるということで、
それが宝くじみたいで、ワクワクします。

僕はカバンが欲しかったのではなく、
ただ無駄に貯めるだけのお金をとにかく
使いたかっただけなのかもしれません。

あなたはどうですか?

働いて、毎月少しずつたまっていくお金…
これはいったい何のために貯めているのでしょうか?

毎月決まった金額が貯まっていくので
電卓を使えば、

5年後は〇万円
10年後は〇万円



とか簡単に未来が計算できてしまいますよね。

僕はとにかく、そんな電卓で計算できる未来から抜け出したいと思いました。

「お金は使わないと人生が変わらない」

そういった名言を耳にして、

お金をとにかく使おう
貯金はなるべく少なくしよう
と考えるようになっていました。

それが、いつの間にか高い物をたくさん買う
という行動になってしまっていました。

けれども、そんなことをしても未来は当然変わりません。
人生を変えるためのお金の使い方は投資です。

僕が今までやっていたのは、浪費だったのです。

 

浪費から投資にお金の使い方を変えた瞬間、
今までとは比べ物にならないほどの満足感を手に入れました。

あなたもこの気持ちがわかりますか?

どうせ今まで50000円も浪費してきたのだから
投資に50000円使ったところで痛くはないのです。

それに、カバンは同時にいくつも使うことはできません

仮に5万円のカバンを10個持っていたところで、
1つの50万円分のカバンに変わることはありませんよね?

5万円のカバンはいくつ持っていても、
5万円のカバンのままです。

しかし、情報や知識は増えれば増えるほど自分の成長につながります
5万円分の情報を10個手に入れれば、
自分自身に50万円分の情報として蓄積されていきます。

この価値が自分に蓄積されていくのが情報商材の魅力なんです。

仮にハズレの情報商材を買ってしまったとしても、
それが1万円であれば、1万円分の失敗を
それが5万円であれば、5万円分の失敗を
経験として手に入れることができたと思えば、
後悔することはありません。

実際、僕が情報商材を買うときは「ハズレでも良い」
と思いながら買うようにしています。

とある人の教えなのですが、お金を使うときは
「行ってらっしゃい。仲間を連れてまた帰っておいで。」
と思いながら使うことで本当に仲間をたくさん増やして帰ってくるのだそうです。

だから、仮にハズレの情報商材を買ってしまったとしても、
それは失敗という経験に変わり、後からそれ以上のお金を引き連れて
帰ってきてくれるのかもしれませんね…

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

夢を諦めることを諦めさせるのがアフィリエイト

こんにちは、ノムラです。

次のような経験はありませんか?

レザークラフトで人に褒められたから、
革職人を目指そう。

聞き上手と言われたから、
カウンセラーになろう

料理がうまいと褒められたから、
調理師になろう

これは僕が以前考えていたことです。

“夢を諦めることを諦めさせるのがアフィリエイト” の続きを読む

アフィリエイトを〇ンスターハンターに例えると

クエストを受注して、モンスターを狩りに行く。

カプコンさんの大人気のアクションゲーム。

 

僕も高校時代からやっていて、新シリーズが出れば、
必ず買いに行くというファンの一人です。

しかし、なぜか長続きしないのです。
にもかかわらず、新しいシリーズがでてきたら買ってしまう、
どうせ続かないことがわかっているのに…

続かない原因は、自分が空きやすい性格だから…
と考えていたのですが、少し違っていたのです。

“アフィリエイトを〇ンスターハンターに例えると” の続きを読む

一つのスキルがアフィリエイトの不安を消し去る

こんにちは、ノムラです。

これさえあれば、アフィリエイトで安心できるスキル

何だと思いますか?

もったいぶらずに言いますと
コピーライティングです。

簡単に言うと、人間心理を深く理解して、言葉で読者の行動を変えることです。
つまり、読者に商品を買ってもらうスキルの一つです。

このスキルがあれば、どんな商品も買ってもらうことができるのです。

むしろこのスキルを知らなければ、どれだけ素晴らしい文章が書けても
売上にはつながらないのです。

まず、僕がアフィリエイトを始めるときに、勘違いしていたがことがあります。
それが文章能力です。

アフィリエイトは文章能力がなくても、始められると書かれていたので、
子供のころから作文が苦手だった僕でもできるんだなあ、と思って始めました。

最初はワクワクしながら書いていたけども、
訪問者が全然増えないから、
やっぱり文章能力がないから全然アクセスも伸びないし、
商品も売れないんだなあ、と思ってショックを受けていました。

それでも、100記事も書き続けることができたんですが、
全く成果は出ませんでした。

しかし、これは文章能力が低かったから売れなかったのではなかったみたいなんです。

コピーライティングという技術が全く使われていなかったから、
売れなかったのです。

そのコピーライティングを勉強することで、たくさんの良いことが起こります。

・売り上げが伸びる

当然だけども、お客さんの購入意欲を高めることができるので、
売上は伸びてきますよね。

しかし、重要なのは次からです。

 

アフィリエイトをする上での保険になる

保険ってつまり、不安を取り除くことですよね?
アフィリエイターにとっての不安って何でしょうか?

それは、「成功しない可能性」ですよね。

かなりの時間をかけて、記事をたくさん書いたのに、売り上げが伸びない。
そうなると、挫折を決断することになります。

しかし、コピーライティングを勉強しながらアフィリエイトを進めていくと、
もし挫折するとしても、今までの時間がすべて無駄に…なりません!

なぜなら、
アフィリエイトで成功しなくても、コピーライティングのスキルがあれば、他の仕事で十分に役に立つからです。

コピーライティングのスキルがレベルアップすれば
ランサーズやクラウドソーシングの記事代行などの仕事等につくこともできます。
ネット以外の場所でも使うことはできます

とにかく、文章で売る力が身についてくるのです。

逆に、アフィリエイトなどの限られたネットビジネスでしか役に立たないスキルやツール
SEO対策、HTML等はアフィリエイトを挫折したら、使うことが無くなりますよね?

ああ、また時間を無駄にしてしまった…と後悔してしまいます。

僕たちは何度もアフィリエイトを挫折しているのですから、
そのことは十分に理解していますよね。

「もし、うまくいかなかったら」というのは常に頭に思い浮かんでいますよね?
だからこそ、コピーライティングを活かしたアフィリエイトをすることが保険になります。

保険があれば、不安にならずにアフィリエイトを続けられますよね?

僕は以前、成果が出ない不安から、アフィリエイトを一時中断したことがあります。
このまま続けても意味があるのだろうか?と悩んでいました。

アフィリエイトは不安との闘いといわれていますが、
今はそんな不安は一切ありません。

なぜならコピーライティングというスキルを勉強しながら
アフィリエイトをしているからです。

お客さんの心を動かす前に、自分自身の心を動かす必要があるのです。

皆さんもぜひ、アフィリエイトにコピーライティングを取り入れてみてください。

 

記事を書いている途中で脱線しないために

この言葉を覚えていますか?

「記事が無限に書ける」

これは自己ブランディングを意識した、自分自身の経験や価値観を記事に書き出すことで、
いくらでも記事が書けるというお話でしたよね。

何でまたこの話をするのかというと、気を付けないといけないポイントがあるからです。

記事が無限に書けるということは、選択肢が無限にあるということです。
つまり、何を書こうか迷ってしまうのです。

僕も最初、自己ブランディングを意識した記事の書き方を知ったときは、
すごいこれなら無限に記事が書ける!

と思って、キーボードをカタカタ打ち出しました。
しかし、2000字を超えて、「よし、これくらいでまとめに入ろう」と思い、記事を見直しました。

皆さんのご察しの通り、内容がめちゃくちゃでした。

自分の趣味について書きだしたはずなのに、
少しずつ話題がずれて、
会社の仕事について、テレビを見ていて思ったこと
などなど、大脱線しています。
大事故です。

書いている途中に、別のことを思い出して書き始めると、
また別のことを思い出して、書き始める。

これを何度も繰り返すことで、
見事に何が言いたいのかわからない記事が出来上がりました。
どの話も完結せずに、2000字も書き上げてしまったわけです。

すこぶるタイピングの調子が良くて、気の赴くままに記事を書き上げて
結局、修正の手が付けられない記事が出来上がる。
皆さんも経験ありませんか?

僕はこれを改善するために最近始めたことがあります。
記事を書く前にどんな記事を書くのかをノートに書いて考えます

自分の言いたいことを頭の中からピックアップして、
書き出しと、目標にたどり着くための流れを考えます。

先ほど脱線という言葉を使ったので、電車で例えてみると、
始発駅と終点駅を決めて、途中どの駅に停車するのかを考えます

始発駅から終点駅にすぐにたどり着いてしまうと、
観光客(読者)は全然楽しむ余裕がありませんので、
各駅に停車して、なるべく終点駅にたどり着く道のりを長くします。

始発と終点を決めておけば、
目的地を見失って脱線することもありません。

ただし、すべての駅に停まると時間がかかりすぎて、
観光客(読者)が疲れてしまうので、どんな風に楽しませたいのかを考えて、
駅を絞って道順を考えましょう。

記事を書く前にまずは線路を引くことから始めます

これくらいのことであれば、パソコンでもできそうですが、
僕はあえてノートを使っています。

実はノートの方が効率が良いと僕は思っています。

いやいや、キーボードの方が速く文字を打てるじゃないか…

確かに文章を書く速度で言えばキーボードの方が速いですが、
キーボードで文字を打つとその間、思考が止まってしまいます。

一文字打ち込むとすぐに次の一文字を打つことになるので、頭を動かす暇がないんです。

よく考えてみて下さい。
キーボードで記事を書きだすと、
次どんなことを書くのか考えるときは、手を止めないと無理ですよね?

キーボードを打つ前に考えていたことと、
キーボードを打ち終わってから考えることは変わっていることがあります。

手書きだと、1文字を書いている時間が長いから
頭を動かしながら文字を書くことができます。

それに矢印とか図形が書きやすいというメリットもありますね。

あと、これは個人的なことかもしれませんが、
デジタル機器ばかりさわっていると、
アナログな道具も使いたくなってくるのです。

高級ノートと万年筆を使って、記事の構成を考えるのは
実際にやってみるとはかどります。

パソコンばかりで作業していると疲れてきますよね。

記事はパソコンだけで作るよりも、
いろんな道具を使う方が楽しく作れます。

僕の、記事を書く時のちょっとした楽しみです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

アフィリエイトは自分の価値を引き出す鍵

こんにちは、ノムラです。

最近アフィリエイトをやっていてすごいことに気が付きました。
といっても、上級の方にとっては、「そんなことわかっている」
と突っ込まれるかもしれません。

それは、
アフィリエイトは自分の価値を引き出してくれるビジネス」であるということです。

少し解説させてください。

まず、会社で働いている場合、会社側から指示された範囲内で仕事をしますよね。
この限られた範囲内では、自分の価値が100%出せないと思います。

しかし、アフィリエイトであれば、まず自分の好きな記事で好きな商品を紹介できます。
ここまでは、どんなアフィリエイターでも共通することだと思います。

 

けれど、ここからが分かれ目です。

・商品の紹介ばかりするアフィリエイター

・個人ブランディングを意識したアフィリエイター

この2つのタイプのどっちが自分の価値を引き出せているかといわれると、
もちろん個人ブランディングを意識したアフィリエイターですよね?

この個人ブランディングを意識してアフィリエイトを始めると、
今まで気が付かなかった自分自身の価値に気が付き始めます。

というか、自分の価値を引き出さなければ儲けることができないのです。
儲けるためには、商品の紹介をするのではなく、
自分自身の紹介をして他のアフィリエイターと差別化しないと
リピーターは増えないのです。

ここまでの内容は、僕たちは何度も聞かされてきましたよね?
これに気が付くことができて初めてアフィリエイトの面白さがわかってきました。

他人の商品をメインで記事を書くのではなく、
他人の商品を利用して自分自身の紹介をする。

この書き方に変えてみると、同じ商品を紹介している記事のはずなのに
自分の経験や価値観を付け加えることで、全く違う記事になります。

これが自分の価値を100%引き出すということだと思いました。

解説終わります。

僕は以前、心理学の教材のアフィリエイトをしていたのですが、
「ハロー効果とは?」「販売心理学について」「購入意欲を上げる価格設定」
といった、自分の紹介は全くなしで、心理学のことだけの記事を書いていました。

ネットで調べればわかる内容だったと思います。
これでは、もはや自分の価値を10%も引き出せていないです。

 

ここからは僕個人の考えなのですが、

人間には計り知れない価値があると言われていますが、
この計り知れない価値を引き出せている人ほど、
多くのお金を手にしていると思います。

月収1000万円のアフィリエイターは
毎月自分の価値を1000万円分引き出せている人

月収20万円の会社員は
毎月自分の価値を20万円分しか引き出せていない人

会社員は会社で決められた範囲でしか働けないので、
自分の中から20万円分の価値しか引き出せていないのです。

アフィリエイトは自分で自由にできるので、
自分の計り知れない価値をいくらでも引き出すことができます。
だから、月収100万円、1000万円、1億円と儲けている人がいても
おかしくはないと思います。

逆に収入がゼロ円のアフィリエイターは
自分の価値を全く引き出せていないということになりますね…

今の僕たちです。

まじめに働いている人間からすると、
ネットビジネスで楽に儲ている人はずるいと思っているかもしれませんが、
その考えは間違っていると思います。

収入というのは、どれだけ頑張ったかではなく、
自分の価値をいかに引き出せているかが
大きく関わってくるのだと思います。

だからこそ、価値が定められている商品よりも、
価値が計り知れない自分のことを記事にする方が
儲かるのだと思います。

今回は、なんだかアフィリエイトの正当さを
自分に言い聞かせているような記事になりました。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

46年間で自由な暮らしが手に入る方法(笑)

こんにちは、ノムラです。

記事のタイトルの意味はすぐに分かると思います。

 

皆さんは次のどちらの方が怖いですか?

・アフィリエイトをして時間とお金を無駄にする。
・いまの生活を死ぬまで繰り返す。

かなり極端な2択になってしまっていますが、
僕たちは、今のつまらない生活を死ぬまで繰り返したくないから、
何度もアフィリエイトに挑戦しているのですよね?

何度もお金と時間を無駄にしても、それでもアフィリエイトに挑戦する。
なぜなら、今のつまらない生活を死ぬまで繰り返す方が何倍も怖いからですよね。

老後の楽しい年金生活のために今は一生懸命働くという人は
このブログにはたどり着いていないはずです。

もし、年金暮らしを目指して頑張っているという人は
これ以降は記事を読まない方が良いと思います。

年金暮らしということは、働かずにお金が入ってくるので、
自由な生活ができる。

趣味もやり放題
漫画も読み放題
ゲームもやり放題
いろんなところに旅行も行けます

この生活を手に入れるために会社で定年までひたすら働く。

しかしよく考えると、
この生活を手に入れるまでにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

高卒で19歳くらいから会社に就職する。
そこから定年65歳まで…

実に46年間です。

大卒だと少し短くなりますが、
これほどの時間をかけてやっと自由な生活を手に入れることができるようです。

しかも、絶対という保証はありません。
仮に絶対に年金暮らしができるとしても、
それまでに死んでしまえば、一生懸命働いてきた人生が無駄に
なってしまうのではないでしょうか?

もちろん、一生懸命働く中で生きがいを見つけることができれば
無駄にはならないかもしれません。

 

定年まで働いて年金暮らしをするという手段に
名前を付けるとすれば「46年間で自由な暮らしが手に入る方法」です。
情報商材として売られていたら誰も買いませんよね?

先ほど65歳まで生きていられる保証はないと言いましたが、
戦時中の日本人男性の平均寿命は何歳か知っていますか?

正解は「23・5歳」

これはコンサルタントの講師の方がよくネタにするお話ですが、
本当に平均寿命が23・5歳かどうかは置いておいて、
男性は戦争でいつ死んでもおかしくなかったのです。

この時代の人たちは、明日死ぬかもしれないということを考えて
毎日を大切に生きていた、というお話です。

だから僕は、定年までの長い期間を犠牲にするよりも、
明日死ぬかもしれないと考えて、悔いなく自由に生きる方を選びたいのです。

そう考えると、明日死ぬかもしれないのに、
毎日同じ会社で、パソコンの入力作業なんてやっている場合じゃない!
と今すぐにでも、飛び出したくなります(どこに…?)

アフィリエイトに限らず、
ネットビジネスでは毎日を大切にする悔いのない生き方を
実現することができると思っています。
アフィリエイトで稼ぐために、僕が今日できる最善のこととは

今日の記事を全力で書き上げることです。

この記事を書いたら明日死んでも悔いはない
というくらいの記事を毎日書いていきたいと思っています。

アフィリエイトで面白いのは、
記事に全力を注ぐほど、成長できるということです、

儲けるためだけに、
つまらない記事を量産して、明日死ぬのは嫌だなあ
と思いながらアフィリエイトはしたくありません。

「成功するから楽しいのではなくて、楽しいから成功する」

誰かの名言だった気がしますが、
今の僕を支える言葉の一つです。

(だったら忘れるなよ…と思うかもしれませんが…)

以前の僕がやっていたアフィリエイトははっきり言って全然楽しくなかったです。
こんなしょうもないことをして儲かるはずがない。
と、心の中では思っていたはずです。

それでも、自由な未来を手入れるまでの我慢だ…と自分に言い聞かせていました。
当然このやり方ではダメだったから、ご存知の通り挫折したのです。

しかし、やり方と考え方を変えることで、今はとても楽しくなりました。
他の人と似たような商品の紹介記事やネタ切れの恐怖
そんなものとは無縁になりました。

本当に成功するかどうかわからないアフィリエイトを長く続けるためには、
つまらない記事ではなくて、自分自身が成長できる記事を書き続けることが大切です。

「楽しければ絶対に成功する」

今の僕はアフィリエイトをやっていてとても楽しいです。
だから絶対に成功できるという自信があります。

僕のアフィリエイトは楽しさ第一です。

以上、ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

アフィリエイトは実は安定した稼ぎ方なのでは?

こんにちは、ノムラです。

最近なんだか自身が付いてきて、本当にアフィリエイトで自由になれそうな気がしてきました。

そんな中で、ある考えが浮かびました。
といっても、まだ利益も出していないアフィリエイターの話なので、
おかしなことを言っているな、と思って聞き流していただいて結構です。

どんなことかといいますと、
記事のタイトルにも書いていますが、

アフィリエイトは実はかなり安定した稼ぎ方なのでは?

ということです。

そんなはずないじゃないか…
とツッコむ方もいるかもしれませんが、

実際に稼いでいる人は納得していただけるのではないのでしょうか?

なぜこんな考えに至ったかというと、
まず、会社に勤めるということから考えてみてください。

会社に勤めるということは、
働いてお金をもらうということですよね。

さて、自分にとっての一番のお客とはだれなのでしょうか?
高い商品を買ってくれる人でしょうか?

けれど、高い商品をめちゃくちゃ買ってくれたとしても、
それが自分の利益になるわけではありませんよね?

会社の売上が悪くても、良くても給料は支払われます。

じゃあ誰が払っているのかというと…

会社の社長ですよね?

社長は僕たちの労働力にお金を払っているのです。
言い換えると、
僕たちは労働力を社長というお客に売っていることになります。

ほとんどの方は収入のほとんどが会社から支払われる給料です。
つまり、僕たちは社長1人だけに自分の労働力を売っているということになります。

お客さんが社長一人しかいない…

これを聞くとなんだか不安になりませんか?

会社がつぶれると、その時点で社長というお客さんを失うことになります。
会社で働くということは、お客さんを一人に絞るということなのだと思います。

もうお分かりの方もいるかと思いますが、
これはアフィリエイトのとあるリスクに似ていますよね?

そうです、ブログの削除です。

一つの無料ブログで月収100万円稼いでいても、
運営会社がつぶれたり、運営側の都合で勝手にブログを削除されると、
明日から収入がゼロになり、再びブログを作り直すことになります。

僕たちアフィリエイターはこのリスクはよく理解していますよね?
有料サーバー、ドメインを使うことでこのリスクは抑えることができます。

勤めていいる会社が次の日消えているなんてことはないかと思いますが、
倒産のリスクは常に抱えています。
会社に勤めれば安心して収入が得られるというのは間違えなのです。

 

今度はアフィリエイト視点で考えてみます。

アフィリエイトはブログなどで、不特定多数のお客さんを相手にします。
その不特定多数のお客さんの一人がとある理由でいなくなったとしても
収入がゼロになるわけではありませんよね?

アフィリエイトは一度に何人ものお客さんを相手にできるのです。
つまり、システムを整えてしまえば少しの作業で多くのお金が手に入ります。

客が増えるほど、売り上げが上がるけれど、ネットを使っているため作業量は変わりません。
自分一人で、何百、何千、何万人ものお客の相手ができます。
これがアフィリエイトに限らずネットビジネスのすごいところですよね!

 

さて、再び会社で働くことに注目してみると、
会社では自分の労働力を買ってもらっているだけですよね。
だから、どうあがいても物理的な労働力を無限に複製することは不可能です。

必死で働いても2,3人分くらいの労働力にしかなりませんし、
だからと言って、給料が2倍3倍になるわけではありません。

こうやって比べてみると、
いかに会社で働いていることが勿体ないことなのかが分かりますよね?

商品を多くの客に売るのがアフィリエイトと考えると、
商品を一人の客にだけ売るのが会社勤めです。

1人に5000円の商品を売っている状態から、
4人に5000円ずつ売って15000円アップさせるのと
値上げして1人に20000円で売って15000円アップさせるのとでは
どちらが難しかはわかりますよね?

商品を売れるお客の数に限りがなければ、お客さんの数を増やすだけで売り上げは上がります。
しかし、商品を一人のお客さんにしか売れない場合は、値上げ以外に売上を上げる方法がありません。

1年間アフィリエイトで客をたくさん集めて売り上げをアップさせるのと、
1年間会社で働いて、やっと1万円程度昇給するのとではどちらの方が良いのか?

 

ここまで考えてくると、
もはや会社で働くことに全く未練はありません。
早くアフィリエイトで自由になりたいという
思いがどんどん強くなっていきます。

ではまたお会いしましょう。

 

何を頼りにアフィリエイトを始めればよかったのか?

僕が主にアフィリエイトを挫折した理由は

・メンター、師匠となる人がいなかった
・簡単に稼げると思っていた

この2つが主な理由であると前回お話ししました。

そもそもアフィリエイトを始めたばかりの時は
どんな本を読んだらよいのかが分からない状態でした。

とりあえず本屋さんで見つけた、アフィリエイトの本を買って
それを真似するしかありませんでした。

今だからわかりますが、「アフィリエイト」とタイトルに入っている本は
どの本も、初心者向けのもので、いかにも簡単に儲けられそうな書き方がしてありますよね

とりあえず、「SEO」対策とか、ランキングサイトに登録とか
小手先だけの初心者を自己満足させてやる気を出させるようなことしか書いていない気がします。

皆さんも経験あると思いますが、
いくつかの「アフィリエイト」の本を読み始めると、

「あ、この内容は別の本にも書いてあったなあ」
「よし、この内容はわかるぞ…」
というように、なんだか自分がアフィリエイトに詳しくなってきたような錯覚を起こします。

結局いろんなアフィリエイトの本が貯まっていくだけで
アフィリエイターとしては成長できていないのです。

例えるならば、数学基礎問題ばかり解いて、応用問題を全く解こうとしない状態です。

こうやってアフィリエイト初心者を量産して、
初心者用のアフィリエイトの本の売り上げを伸ばしたり、
無料のブログサイトやASPサイトの登録者を増やすのが目的な気もしてきます。

「最初のうちは成果が出ないが、続ければ必ず成果がでる。」
この言葉に何度踊らされてきたことでしょうか…

すでに何度も挫折した皆さんならわかると思いますが、
僕たちはアフィリエイトについて、かなり無知だったのです。

初心者が師匠や正しいやり方も学ばずに
だらだらとアフィリエイトを続けても意味がなかったのです。

今更後悔しても仕方がありません。

しかし、僕の三度目のアフィリエイトは一度目、二度目とは意気込みが違います。
多少の情報も手に入れて、甘さも捨てました。

何より心強い師匠を見つけたのですから。

皆さんも師匠となる人はいますでしょうか?
もし、まだ見つけていないようでしたら、見つけてからアフィリエイトを再開するほうが絶対に良いと思います。

もし、また独学でアフィリエイトを始めるつもりならば、
本屋さんで売られているような、
タイトルに「アフィリエイト」と入っている書籍を買うのをやめましょう。
まだ大切な時間を無駄にして挫折することになります。

どうしてかというと、
身に着けるべき知識は”アフィリエイト”に関する知識ではなく、

”マーケティング”や”コピーライティング”といった、売るための知識
お金の使い方、流れ、稼ぐ知識

なのです。

アフィリエイトの本に書かれているのはアフィリエイトを上手に行う方法であって、
商品を売ったり、お金を儲けたりするための方法ではないからです。

そもそも、僕たちは遊びや小遣いでアフィリエイトをするわけではないはずです。
少なくとも僕は今の会社を辞めて、自由になるためにアフィリエイトで稼ぐつもりです。

もうアフィリエイトの方法は十分わかっているのですから、
小手先の技術ではなく、売る実力、稼ぐ実力を身に着ける必要があります。

だからこそ、マーケティングなどの本を読む必要があるのです。

少なくとも僕の師匠はそう言っています。

また、真似すると決めた師匠は、しばらくは変えない方が良いみたいです。

「守破離」
この言葉を知っていますか?

「守」・・・真似すると決めた師匠のやり方を守る
「破」・・・師匠のやり方に慣れてきたら、少しオリジナリティを出してみる
「離」・・・師匠のやり方から離れて、自分独自のやり方を生み出す

これが、一番の成長の近道のようです。

僕はかなり前に読んだ儲け方に関する本に書かれていたので知っていたのですが、
アフィリエイトを深く知るほど、
売り方や儲け方の勉強が必要であるとわかってきます。

売上以前に、僕はこの勉強をすることがどんどん楽しくなってきています。
コピーライティングの勉強をするために、
今日も、ジュンク堂で本を買ってきました。

どのアフィリエイターも「絶対買うべき!」と言っていた本です。

最強のコピーライティングバイブル 伝説の名著3部作が1冊に凝縮!国内成功100事例付 [ 神田昌典 ]

価格:2,138円
(2017/12/22 00:32時点)

もちろん、アフィリエイトに関することは書かれていません。
しかし、コピーライディングについては非常にレベルの高い内容になっています。

これをいかにアフィリエイトに応用するのかが大切なのです。

さらにはアフィリエイトで重要な”ターゲットを絞る”ということにも触れています。

アフィリエイト初心者でも稼ぐことができる人は
初めから「商品を売る力」があるから稼ぐことができるのだと思います。

僕たちは「商品を売る力」がなかっただけなのに
アフィリエイトが向いていないと勘違いしてしまっていたのかもしれません。

と、僕は改めてそう思いました。

僕が見本にしている人のブログ

僕が見本にしている教材「自由な人生を手に入れる教科書」