こんなタイトルにした理由

「一週間で死ぬとしたら?」

とある本に書かれていた内容が心に深く突き刺さりました。

1週間で死ぬとしたら?死ぬわけないじゃん!?

そもそも、何も成しえていない僕があと一週間で死ぬとしても
大したことはできないだろうと思いました。

僕は起業というジャンルに興味を持ち、起業本を楽しく読んでいました。
そこまで起業しようという強い思いはありませんでしたが、
普通の本では得られないような、テクニックや考え方が満載で
ずっと読んでいられました。

「そうだ、僕も本を書いて残せば、死んでも永遠に多くの人に価値を提供し続けられる!」

しかし、それは1週間では無理です。

やっぱりあと一週間では何も残せない・・・
そう思っていましたが、ふと気づきました。

「まてよ・・・、これらの面白い起業本を記事にして紹介すれば、
下手に本を書くよりも、よっぽど役に立てるじゃないか!」

だから、僕は1週間で死ぬことを前提に
今まで読んだ本や、これから読む本を記事で紹介することを決めました。

誰のため?と聞かれると、最初は「不特定多数」の人のためと思っていたのですが、
やはり、来世でも僕はこの面白い本たちを読みたいと思ったので、
来世の自分のために起業本を紹介していこうと思います。

仮に現在の僕が大きな成功もせずに、死んでいったとしても、
来世の僕に成功してもらうために、僕は記事を書き続けます。

他人を成功させることが、自分の成功につながるというのであれば、
来世の僕を成功させることで、今の自分の成功につながるのでは?
と思いました。
(タイムパラドックスが起こってしまっていますが・・・)

辛かった中学校時代や高校時代なんて、来世の僕は全く興味ないことですし、
来世の僕が成功してくれれば、今の僕の辛い経験なんてチャラになります。

ついでにと言っては失礼ですが、
この記事を読んでくれているあなたの役に立つことができれば、
申し分ありません。